Archives[ 2008年04月 ] - SEの皆さん、ビジネス書活かしてますか?

スポンサーサイト

--年--月--日 --:-- このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

4/26 コーチングでEQを活かす!-EQ マネージメント-

2008年04月28日 09:06 このエントリーをはてなブックマークに追加

GW帰省初日は、日本コーチ協会・福岡支部 第72回 福岡支部勉強会へ参加しました。

・EQとは?
EQ=心の知能指数。
ポイントはどれだけ自分の感情をコントロールできるか?にあると思います。

・今回EQコーチング前に読んだ本
幸せ成功力を日増しに高めるEQノート
EQ こころの鍛え方 行動を変え、成果を生み出す66の法則
EQノートはコーチでもある野口 嘉則さんの著書で、実践的にEQを取り入れて自分を変えていこうという本。
EQこころの鍛え方はEQの成り立ちや理論など基礎教科書のような本で、当日朝に読んでEQコーチングに参加しました。

■今回の受講前の目的
・EQの知識を深める
・EQの知識を行動にうつすためのきっかけ作り、また継続するためのモチベーション作り
・もし自分が講師だったらという視点で見て、話し方や作成資料など人にわかりやすい説明をするときどうすればいいか参考にする
・参加者のメモの取り方、質問内容などを参考にする

■EQコーチング勉強会で印象に残ったこと
・EQ簡易診断問題結果でわかる自分のコミュニケーションスタイル
結果はバリア型=一人でコツコツやっていこうとする人
まさしくその通りのタイプなので、ただ納得するのみです。
ただし、最近一人でコツコツだと行き詰まりを感じているので、徐々に変えて行きたいスタイルです。

・今回一番のヒラメキ
途中講師の方が、EQの本の紹介をしていましたが、その中で「セルフトーク・マネジメントのすすめ」
の本の紹介をした時に自分に合う本は絶対これだっ!という衝撃がありました。

最近一番自分に影響を与えた本に、「さぁ、才能に目覚めよう」という本があります。
これは自分の短所ではなく長所、つまり自分の「強み」となる才能には何があるか?というのを自覚させてくれる本です。
詳細についてはまた別の機会に紹介しますが私の中で一番大きな才能は「内省」でした。
「内省」とは考えるのが好きで、常に何かを考え、その考える事がその人のエネルギーの源になっているというものです。
自分の中では毎日自分について考える事(主に自分をどう伸ばすか?どう変えるか?)が習慣になっており、それが楽しみだから全く苦になりません。

この考える事が好きな「内省」という強みに、セルフトークマネジメントを取りいれれば更に自分の強みが活かされるのでは?と強く感じました。

実はセミナーに参加する楽しみの一つに本との出会いというのもあります。
講師や参加者たちの読んだ本・感想を参考にして、自分に合う本を探すものです。
そして、自分の行動として気になった本はその日になるべく買い、買ってすぐ読むことです。
といっても、買いたい本が毎回沢山でるためすぐ読むというのは達成できず、翌日から仕事だったりすると、
その本を読むモチベーションを上げるのに、一月・二月と時間がかかったりします。

でも今回はGWで休みもたっぷりあるし、買った本は全てこの間に読みつくそうと思います。


・今回勉強会後に買った本
20080428090629

セルフトーク・マネジメントのすすめ
鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール
セルフ・アサーション・トレーニング―疲れない人生を送るために
究極のエニアグラム性格学―人の性格って、おもしろい!
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」 ※この本は今回の勉強会とは無関係です

エニアグラムについては、勉強会後のプチ懇親会で2月のパーソナルファンデーションを受けた人から薦められたものです。
エニアグラムは人の性格を9つに分類して特徴などを調べた性格学になります。
ずっと前から変わらない自分の共通テーマは「自分を変える」ですが、今一番頭にあるのは「己を知る」です。
そのため、自分を知ることができる測定法についてはあらゆるものを試したいという気持ちがあります。
そしてその事は自分の特性を理解して短所を受け入れ、強みを活かすことが、
今まで「ニーズ」に縛られた行動しかできていなかった自分を「価値」に基づいて行動できる自分に変える事につながると考えています。
実際にその効果は徐々に現れており「価値」に基づいて行動できるようになってきて、生きるのが楽になってきています。
プチ懇親会で自分が変わってきている話をした時に2月に比べて目が明るくなっていると言われ時はとても嬉しくなりました。
(と同時に、この褒め言葉は使えるので手帳にすぐメモしました)

また、勉強会の中で説明もあったEQI測定の試験も受けるつもりです。
これは半年に一回くらい受けて自分がどう変わったかを知って喜びをかみしめるためのものにしようかなあと。
ただ自分が変わったと思うだけでなく、それが客観的にわかる数値化したものが欲しいので。
(SEとしての職業病かも知れません。数値化できているもの、理論的な説明ができるものでないともやもやします)


さて、次のコーチング勉強会は5月31日。内容は「声のレッスン」。
声と話し方は自分の強いコンプレックスの一つなので、喉から手が出るくらい参加したい。
しかし当日は浜松生活最終日であり、浜松から荷物を運びださなければならないので参加できそうにない。
前日休みがとれれば、その日の夕方に荷物運び出して、当日朝から戻って参加とかもできそうだけどできるかどうかが全くわからない。
他にも5月は10日、24・25とファシリテーションのセミナーもある。
ぎりぎりまで粘って当日強行参加でもいいからできれば全部でたいですね・・・。
5月ほど福岡に居ないことを悔やんだ事はありません。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

MP3プレイヤーとオーディオブックの効能

2008年04月15日 23:40 このエントリーをはてなブックマークに追加

■オーディオブックとは?
本の朗読を録音したもの。

オーディオブックに興味を持ったきっかけは勝間 和代さんの著書:効率が10倍アップする新・知的生産術を読んだ事です。
しかし、この時は日本語のオーディオブックが少なく買うまでにはいたりませんでした。

それから4ヶ月ほど過ぎた日、浜名湖探索では自転車で長時間移動するのでこの時間も有効に活用できないだろうかと考えて購入を決心しました。


MP3プレイヤーは勝間さんが使っているMuVoを買うか悩みましたが、最終的にはMPIOを購入。



MPIOにした理由は、再生速度を50%~200%に変えられて値段も6980円と安い事です。
再生速度を変えられれば通常125%くらいで聞き、慣れてきたら徐々に速度を上げて速聴っぽく聞いてもいいし、
英語のオーディオブックを聞く場合は50%で再生してゆっくり理解しながら進める事も可能になります。
(今のところ英語のオーディオブックは持ってませんが、いずれ7つの習慣を買ってみようと思っています)

このプレイヤーの欠点はamazonのレビューでも触れてありますが、品質に不安があることです。
現在使用して4日目ですが、一度何も反応しなくなり電池を抜いて強制的に再起動したことがありました。
もう一つ気になる欠点は毎回起動するたびに再生速度を変更しないといけないことです。
前回の再生速度を記憶してくれてばもっとよかったのですが・・・。

上記の欠点を差し引いてもこの値段でこの性能には満足してます。
壊れたら壊れたでその時考えます。(短期間で壊れたら返品するだけですし)
再生以外の機能としては録音・FMラジオもあります。


そしてMP3プレーヤーと同時に購入した始めてのオーディオブックは、以下の2つ。
どちらもデール・カーネギーの有名な本ですが、道は開ける人を動かすです。



お値段合わせて28,350と高いですが、この投資は数年後に何十倍・何百倍となって返ってくると信じているので問題ありません。

上記の書籍ももちろん持っています。


■MP3プレイヤーとオーディオブックの効能
購入した当日から早速使い始め、翌日には今後の人生にとって手放せない大事なものに変わりました。
今まで思うように有効活用できていなかった通勤時間が楽しい勉強時間に変わったのです。
朝は10分程度電車内で読書駅から職場までは歩くだけの時間、帰りは電車で席に座れないため立ったまま何もできませんでした。
それが、オーディオブックを聞くことにより毎日1時間も勉強する時間になりました。

おかげで毎日30分は勉強しなければという強迫観念に近い思いがあったのも消え、精神的に楽になりました。
毎日一時間も勉強しているのだから、切羽詰って勉強する必要もありません。
※といいながら実はオーディオブックによって勉強意欲が刺激され家での勉強時間が増える結果となっています。
面倒だと思っていた家事もオーディオブックを聞きながらやる事で楽しくなりました。

このような効果が得られたのは聞いているオーディオブックが人の悩みについて書いてある、道は開けるなのも大きいかもしれません。

3日間でオーディオブックの道は開けるは聞き終わりましたが、また繰り返し翌日から聞きなおしています。
今月は繰り返し道は開けるを聞き・読む事によって、自分の悩みについて自問自答し、
来月は人を動かすを繰り返し聞き・読む事によって、人間関係について考えようかなと思っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

浜名湖探索の旅 2008年04月13日(日)

2008年04月15日 22:01 このエントリーをはてなブックマークに追加

※※※※※今回画像が多いです。要注意。(画像はちょっと手抜きしてます。画像サイズを個別に変えるの手間がかかるのでやめました)

本日は当初の予定通り浜名湖へ。
浜名湖の前には浜名湖競艇でエドはるみとポイズンガールバンドのイベントを見に行きましたが、定員で会場に入れませんでした。

浜名湖探索第一歩として浜名湖探索出発地点の弁天島駅周辺でレンタル自転車を借りました。


レンタル料金は1500円(レンタル料500円+保証金1000円)。
保証金1000円は自転車を返すと戻ってきます。

浜名湖を一周する気力と時間は無かったので今回は浜名湖の東側往復コースに決定。(約25km)





以下湖の風景。これだけ大きいとどちらかというと海のように感じます。
疑問なのが湖なのに何故か海水浴場があることです。
海水も混じっていて(汽水湖)、淡水ではないから?










途中には潮干狩りができる場所もありました。





探索の途中で見かけた浜名湖ガーデンパークで一休み。
今はチューリップが見物のようです。
ガーデンパークには展望台もあります。












浜名湖ガーデンパークを通り過ぎて自転車用道路へ。
遠くには今回の最終目的地の浜名湖パルパルが見えます。








浜名湖パルパルでは、4次元ジェットコースに乗って足腰が震えた後、かんざんじロープウェイへ。










ロープウェイの先には浜名湖オルゴールミュージアムもあります。




かんざんじは温泉が有名ですが今回は何も準備していなかったので入れず。

かんざんじ展望台からの風景。




観光をした後は本日のメインディッシュ。
浜松といえばもちろんうなぎ。
今回食べたお店は かんざんじにある『志ぶき』というお店。
昼1時の時点ではお客さんの行列ができていましたが、3時の時点ではすんなり入れました。
ただ3時の時点でも席はほとんど埋まっており、お客さんは継続的に訪れていました。

頼んだのはおひつまぶし。お値段2600円。









浜松来て一ヵ月半ようやく本場のうなぎが食べれた!
うなぎの皮はパリッとしてて中は柔らかくなってます。

文句なしに美味しく、お腹減ってたのでおかわりしたくなりましたが、食べ終わると意外とボリュームがあってお腹いっぱいでした。
うなぎも美味しいけど、自分の好みで作るお茶漬けもかなりよかったです。

来月は別のお店でうなぎの刺身にチャレンジしてみようかと思ってます。

この時点で3時半。自転車の返却は4時半までなので急いで弁天島へ戻り本日の旅は終了。
ふくらはぎがパンパンなので数日間筋肉痛に悩まされそうですが、今回行ってみてよかったです。
季節的にも涼しくて快適でした。


そして今回の旅のMVPはMP3プレイヤーとオーディオブック。

ここ3ヶ月くらい買うか買わないか迷ってましたが、浜名湖探索前に購入して大正解。

自転車で走る間ずっと聞いてましたが、途中から浜名湖探索のために自転車に乗っているのか、
オーディオブックを聞くついでに自転車に乗っているのかわからなくなってきました。

今回の記事が画像で長くなりすぎたので、説明は次回の記事で。
このエントリーをはてなブックマークに追加

浜松生活一ヶ月経過

2008年04月07日 00:35 このエントリーをはてなブックマークに追加

浜松生活始まって一月経過しましたが、ようやく落ち着いてきました。
3月は平日は仕事に追われ(帰宅は大体終電か終電一つ前)、週末は生活環境整えるのと疲労がたまってたので家でぐったり休む事が多かったです。
4月に入ってからは仕事も徐々に落ち着いてきましたが、GW前後がまた忙しくなりそうです。

3月中は1週間目でワクワクが消えて、段々疲労と鬱憤がたまってきました。
浜松で特に困っているのが以下。
1.ネットが満足にできない
マンションにネット環境なし。
一応会社からデータ通信カード借りましたが、遅くてストレスがたまるためあまり使ってません。

2.ご飯がコンビニ弁当中心で嫌になる
外食も食べたいお店が無く(平日夜は居酒屋くらいしかあいてない)、家で作る気力も無かったため仕方なくコンビニ弁当に。
=>家でご飯食べながら悲しくなります。

3.息抜きできる場所がない
知り合いもいないので、週末がつまらない。

4.読書時間の確保とセミナーなど学習意欲の維持ができない(やる気がでない)

正直、先週帰福する前までちょっと落ち込んでました。



そんな中福岡でゆっくり休んで体力・気力が回復したので、浜松での生活を改める事にしました。

1.ネット環境は現状維持。これは改善できないのでそのまま。
ストレスためないためにも必要最低限必要なこと意外は使わなければいいのかと。

2.ご飯はなるべく自炊する。
4月からは早く帰宅できる日は自炊するようにしました。
その中でもサラダが思う存分食べられるのが一番ほっとします。
コンビニ弁当では野菜が無いので、野菜に飢えてました。

3.週末は息抜きにでかける
仕事ばっかりだとつまらないので、せっかく来たことだし毎週どこかへ行くことにしました。
今月は以下の予定にしてます。
1週目は佐鳴湖。
2週目は浜名湖。
3週目は東京。
4週目は福岡へ。

4.読書は最低週1.5冊。目標週2冊。セミナーは断念。
福岡にいたときは昼休みと自宅が主な読書時間でしたが、浜松の勤務先では電気が消されているため読書不可。
朝の通勤電車内で読んでますが、10分未満で週1冊読めるか読めないかくらいになってます。
今は仕事がちょっと落ち着いてきているため、週2回くらい平日夜に30分くらいづつ時間とって読もうかと思います。
セミナーは残念ながら気軽に行ける範囲には見つからないためあきらめました。



残った大きな問題は、浜松にいつまでいるか?
当初の予定では5月末ですが、一年延長の話がきてます。
個人の気持ちとしては福岡に居たほうが自分が伸びるので断ります。
・・・が、仕事の話となるとそう簡単にはいきません。
最終的には基本福岡でたまに浜松出張の形に落ち着くかなと思ってますが、まだわかりません。


最後に今日行った佐鳴湖の紹介。
佐鳴湖は実は日本で一番汚濁度の高い湖です。(見学した後に知りました。)
見ていたときは汚いとか思わず、気持ちよく自転車で見学できました。
ゆっくりできる公園もあるし、くつろぐには結構いいとこだと思ってます。

ちなみに佐鳴湖に行った理由は福岡でも通っているスポーツクラブの支店が近くにあるという理由だったりします。
湖は桜も咲いていたので花見客が多かったです。
sanaru0001.jpg


sanaru0002.jpg



その次に行ったのがうなぎパイファクトリー。
うなぎパイが美味しかったのでそのままの勢いで見学しにいきました。
工場内は写真撮影不可なので工場内の写真はありません。
50人くらい観光客が居ましたが、自転車で来てたのは自分ひとりでした。
(そもそも立地的に自転車で来るような場所ではない。)
見学は無料で、見学したらうなぎパイミニ3枚入りがもらえます。
隣には落花生工場があって、各種豆製品が買えます。

unagi01.jpg

unagi02.jpg



今日は十分息抜きできたのでまた一週間仕事頑張れそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。