Archives[ 2008年08月 ] - SEの皆さん、ビジネス書活かしてますか?

スポンサーサイト

--年--月--日 --:-- このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年08月の振り返り&自分フィードバック

2008年08月31日 23:34 このエントリーをはてなブックマークに追加

■一ヶ月の興味の流れ
TOC(ザ・ゴール) -> SE向けの本 -> 論理思考 -> ファシリテーション

■今月の主なイベント
8/02(土) FAJ九州定例会 「研修と現場はつながっているのか?」
8/03(日) 声の出し方・話し方講座 2回目
8/08(金) 絆結会 & 2008年にこにこ300冊読書計画スタート
8/10(日) ICC コーチ養成講座第3回
8/15(金) 実家へ帰省
8/23(土) 熊本でラフティング => 日帰り鹿児島ドライブへ変更。
8/24(日) 第76回 コーチ協会福岡支部勉強会 「~ワールド・カフェで、コーチングを語ろう~」
8/27(水) 長崎県人交流会
8/28(木) リーダーシップ・カフェ「あなたの求めるリーダーシップは?」
8/30(土) ファシリテーション基礎講座

こうして振り返って思ったのが、声の出し方・話し方講座は2ヶ月くらい前に受けたような印象になってました。
鹿児島ドライブも先週行った実感が無く、2週間以上前の出来事のような印象です。

■来月のイベント予定
9/06(土) FAJ九州定例会
9/12(金) 絆結会
9/13(土) 初めての投資セミナー
9/14(日) ICC コーチ養成講座第4回

■読書 36冊
20080831233429

今月の印象に残った3冊(今時間が無いので書評は後日?)
1.チェンジ・ザ・ルール

2.フォーカスリーディング

3.俺は男としてかっこええ事においての偉人だ
著者:詩人三代目魚武濱田成夫ブログ

■ブログ記事投稿数:16 (この振り返り記事含めて)

■今月印象に残ったキーワード
・20代に勉強している人は頭でっかちになりやすいので注意 (参考:人を出し抜く超仕事術)
理論が全てだと思ってしまう。
実践にそぐわない理論を重視しない。
評論家的なスタンスになっていないかチェックする。

■成長を実感したこと、変化したこと、新たな取り組み
・仕事での学びが足りない!
職場での学び化計画進行中です。

・読書サイクルの改善
目的)復習の仕組み化、不要な本を捨てる仕組み構築
1.1~2週間以内に読んだ本は、小さい本棚へ時系列で格納。
2.棚が一杯になったら、復習した後で大きな本棚へ時系列で格納する。
3.一月経過後、再度復習し、重要度が低いと判断した本はダンボールへ直行。再読すべき本は、違う棚へ移動して本棚に残しておく。
小棚の写真
20080831233430

大棚の写真
20080831233431


・朝勉強習慣に再挑戦
平日夜も予定が入ることが多くなったため、活かす読書は朝行うように変更。
今月は平均30分朝勉強時間を増やすことに成功。
来月は+30分確保する。

・だらだらネット対策
メインブラウザをFire Foxへ移行 + ネット時間を測定するアドオンを入れて現実を直視するように変更。

・記事のカテゴリを変更。=>学んだ事を書くことに意識が向かうものへ。
日々の出来事 -> 日々の学び
コーチング -> いいコーチになるために

・パソコンでマインドマップを書く時に、自分の意見を書くことが多くなった。ただの要約資料ではなくなった。

・振り返り資料作成
一月分の振り返り(この記事の内容)や今月作成したマインドマップなどを印刷したものをバインダーに保管。
簡単に振り返りができるようにする。

・読書メモの色分け (参考:フォーカス・リーディング)
赤:主張
青:事実、判例
緑:思索のキッカケ、自分の意見
=>論理力の訓練にもなっているはず

・読書した本の点数評価見直し
手帳に読書した本の点数評価を書いてますが、評価基準を見直しました。
今までは10点満点評価。
問題点)
8点超えたらいい本という評価だったため、8点以上の本が増えすぎた。
小説形式で面白い本の8点と、テクニック満載で実用度が高い本の8点の見分けがつかない。

見直し後)
評価軸を3つにして各点数は0~9にしました。
評価軸:面白さ、実用度、人生経験値(実用的ではないが、ヒトとしての魅力を高めるのに役立つ本.。自分の人生哲学に影響を及ぼす)
 例:520 読み物としては面白いが実用性が低い本
点数は5が面白い・または役に立つので人にお薦めしたい本(5段階評価通知表の5のイメージ)。
3が普通かそこそこ面白い本。
5を超える評価は、心から人に薦めたい良書・名作の扱い。

・職場での論理的な話し方の訓練を開始 (参考:一週間で実践論理的会話トレーニング)

■今月他の人に一番多く言った言葉
「コーチングは自己基盤を高まるために学んでいる。」
ここ一週間でも4回は言いました。
それだけ、新しい人と出会う回数も増えています。
今年2月にニーズに振り回された頃とは言動が大きく変わってます。

■来月の目標
読書 34冊
朝勉強習慣プラス30分。これによって朝からコーチングセッションがある日も読書できるようにしたい。
相手に伝わりやすい話し方の意識を持ち続ける

■今月一番印象に残った言葉
『今日あなたが無駄に過ごした一日は、昨日死んだ人がどうしても生きたかった一日である。』
OKI陸上競技部 野呂かおり

■つぶやき
30代では何年間かは東京やアメリカで生活したいなぁ。
月30冊読んでいると、読んだ本だけで月5万円かかることに今更気づきました。
図書館もたまに利用することにします。ただし、平日は行ける時間に開いてないですね・・・。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

080830 ファシリテーション基礎講座

2008年08月31日 23:20 このエントリーをはてなブックマークに追加

主催:FAJ:日本ファシリテーション協会

■全体の流れ
・ファシリテーションとは?
・場のデザインのスキル
・対人関係のスキル
・構造化のスキル
・合意形成のスキル
・明日からやれること

■概要
ファシリテーションの基礎を、講義と演習(ワークショップ形式)を通じて体感し、初歩から一歩ずつ体系的に学ぶ。
明日からファシリテーションを実践するために、必要最小限のものを得る講座です。
詳しくはこちらのページを見てください。

■良かったこと
・毎月の体験重視の定例会とは違い、基礎からみっちりと学べて体験できたこと
・縁が広がったこと
・基礎講座用の資料は要点だけ残して贅肉を落としたものになっており、復習用に非常に役立つ

■印象に残った言葉
・場の形成・発散時は我慢のとき
 :;核心がいつかでてくるのを信じてファシリテーターは進める!

・場をデザインすることによって、参加者の参加感を高めることができる

・待つ(沈黙する)ことによって、誰かが発言するのを促す事ができる

・「これを言ってやろう」と思った瞬間に相手の話が耳に入らなくなる

・各人にとっては必ずしも最良の策で無くて良い
 メンバー全員が何か実行に移せる案であればよい

・対立によって新しい視点で話が盛り上がる

・ファシリテーションは会議のスキルではない
 人と人とが交わる場所は全てファシリテーションが使える
 一日24時間意識すればどこでもファシリテーションできる

■振り返り、改善点
・話を聞くことが多い
 聴く事が少ない。つい、自分の意見や次の質問を考えてしまい頭から離れない

・反論があると感情的になってしまう
=>それでも、今月初めに参加したFAJ九州定例会に比べると感情的にならなくなっているのを実感

・演習中に表面的なテーマにとらわれてしまった。
 目的があやふやなまま先に進んでしまい、途中で本当にこれでいいのか?と根本的な疑問に戻ってしまった

・背景を発言者から引き出すことができなかった
 自分はこういう立場・前提条件のもとに話しているんだ

・話の流れを意識したい
 今は、出てきた単語単語を追っていることが多い
 どういう流れでこの意見がでてきたか、このような話になったかがわかると一歩先に進める気がする

・一番出来なかったことが、ファシリテーショングラフィック
 どう書いていくか迷ったまま進んでしまった
=>ファシグラの本を帰って読むぞ!
=>模造紙を家の壁に貼って練習するか?
・アンケート
 当たり障りの無い感謝の言葉ではなく、具体的な良かった点・気になった点をどんどん書こう!

■人との出会い
・あれ?この人は・・・
席決めの飴を引き決まった席に座ろうとしたところ、正面に通うスポーツクラブでよく見る方がいました。
さらにその人はフォトリーディング、マインドマップの受講生という共通点も発覚!
今までよく見るけど話したことがない。
そんな人でも、話してみると意外と沢山の共通点が見つかるものだなと改めて思った出来事でした。

・実はスタッフの一人も・・・
店舗は違えど、同じスポーツクラブに通っている事が発覚。

・長崎出身の人多し!
参加者の3割が長崎出身。
講座後の泡会では長崎サロン設立の話が持ち上がりました。

■講座中に気になった本
伝える力
使う力
チーム・ビルディング―人と人を「つなぐ」技法
ファシリテーター完全教本 最強のプロが教える理論・技術・実践のすべて
コンサルタントの「質問力」

■ファシリテーションがどんなものか体験してみたい方に
9/6(土)にある、FAJ九州の定例会はオススメです。
テーマは「ファシリテーションってなあに?」
初心者の方の体験に向いていると思います。
定例会は一回目の参加のみ無料です。
現時点で定員まで残り11名となっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

名前入りカップ

2008年08月29日 22:26 このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は月に一回開催される(らしい)会社の飲み会に参加。
参加者へのボーナスとして自分の名前入りクリスタルグラスもらいました。
(写真では文字見えませんが)

帰宅後早速使ってみたけど、自分の名前が入っているグラスは恥ずかしいですね。
そのままひっそりと飾っておきます。
でも、こんなプレゼントも社員の士気と仲間意識を高めるのにはいいかもしれません。
20080829222641

飲み会で速読教えてよという話になったので、社内研修第一回は速読研修になりそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

080828 リーダーシップ・カフェ「あなたの求めるリーダーシップは?」

2008年08月28日 23:35 このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は夕方からワールドカフェに参加してきました。
テーマは「あなたの求めるリーダーシップは?」

参加者は九州電力、九州アジア経営塾、FAJ九州支部の皆さん。

<自分の状況>
現在職場でサブリーダーのポジションにいるが、リーダーとはどうあるべきか?を日々考えている。

今回参加したことで、理想像に近づくためのヒントが得られました。
本では得られない生の声はいいですね。話を聞くだけでとてもワクワクしてきます。
早速明日から行動に変えていくことで、チームとしての成長に役立てていきます。
心残りは2時間は予想以上に短かったこと。
もっともっともっと!話したかったですね。

今回、企画していただいた名ファシリテーターさんには大感謝です。
FAJ九州支部にはない新しい刺激があって楽しかったです。
仕事を早退して参加した甲斐がありました。

■特に印象に残ったキーワード
・平時はポイントだけ押さえて後は任せる
・戦時はグイグイ引っ張っていく
・かなり無茶な要求でも相手(リーダー)が好きだったら周りの人は頑張れる
・リーダーと参謀の組み合わせがチーム発展の秘訣
・リーダーについて考え始めた時からその人はリーダーになる
だから、今日の参加者はみんなリーダーだ!

■今日の本との出会い
推薦者:九州アジア経営塾「KAIL」の方
リーダーシップの旅 見えないものを見る
リーダーシップの旅  見えないものを見る (光文社新書)

早速帰宅後amazonで購入しました。

そして、更にもう一冊。(これは昨日仲良くなった人に薦められた本です)
人生の地図
人生の地図
このエントリーをはてなブックマークに追加

080823 熊本でラフティングのはずが・・・。

2008年08月25日 08:23 このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は朝7時出発で、熊本へラフティングへ。
前日夜10時就寝、朝2時半起床。

前日雨天決行の連絡があったので、雨の中熊本へ。
resize0020.jpg

・・・が現地へつくと大雨&茶色に濁った球磨川の姿が。

話し合った結果、鹿児島日帰りツアーに変更しました。


・高原IC近くにある果物屋にて
resize0014.jpg
あまりの安さに6人で車一杯に買い込んだ果物。
スイカ1個で1000円。2個でも1000円。冗談で3個でもといったら、1000円に。
resize0015.jpg
これだけ買って1000円。
バナナ、ぶどう、もも5個、なし4個。
1000円分買うと、更に1000円分のおまけ付き。
こんなに気前良くて大丈夫?
resize0029.jpg

・霧島神宮
resize0016.jpg
resize0017.jpg
resize0018.jpg
resize0019.jpg

・ぢゃんぼ餅
resize0021.jpg

・お昼食べた焼肉
resize0023.jpg
鹿児島の焼肉屋美味しすぎます!
resize0022.jpg

・桜島
resize0024.jpg


・高速道路で覆面パトカーに・・・
resize0027.jpg
resize0028.jpg
この後運転手が悲壮な顔でパトカーの中に入っていきました・・・。
減点3点。罰金一万八千円 也。

往復650キロの旅。
観光5時間、移動10時間。
楽しかったけど、鹿児島は遠かった。日帰りで行く場所ではないですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

080824 第76回 コーチ協会福岡支部勉強会 「~ワールド・カフェで、コーチングを語ろう~」

2008年08月25日 00:24 このエントリーをはてなブックマークに追加

主催:日本コーチ協会福岡支部

■全体の流れ
<>ワールドカフェの説明
<>アイスブレイク => ブレスト ×2
<>ワールドカフェ1 「あなたとコーチングとの出会いはあなたに何をもたらしたか?」
<>ワールドカフェ2 「今後コーチングから何を得たいですか?その課題は?」
<>ワールドカフェ3 ワールドカフェ2と同じ話題で再度話し合う
<>ワールドカフェで話し合った内容を各グループで発表

■ワールドカフェとは?
堅苦しい会議室空間で議論するのではなく、気軽に意見を出しやすいカフェのような空間で
みんなで楽しく自由な発想を出し合うスタイルです。
お菓子や飲み物も欠かせません。
1テーブル4名程度で話し合いを行い、話し合った内容をお土産に各自違うテーブルに旅立っていきます。
旅立った各テーブルで新たな話題に発展し、最後は始めにいたテーブルに戻り各自の旅の成果を報告しあいます。

■感想
自分にはないコーチングの新たな視点に気づき、刺激的な3時間でした。
一番気になったキーワードが、あり方とやり方。
・あり方
自分はこういう人間でありたい。こういう人間だと思われたい。
コーチとしてはどういう人間であるべきか?コーチはこうあるべき論。

・やり方
他者にどう伝えるか?(どのようなスキルを使って伝えるか?目標達成のサポートをするか?)

まだまだコーチとしての軸が固まってないのでフラフラしてますが、
自分はこういう人間でいたい!コーチとしてこうありたい!と強い心を持ち、
他者をサポートする手段としてコーチングのスキルをうまく使っていければいいですね。

とにかく自己基盤づくりが最優先だと再認識しました。
クライアントの言葉に自分の心が引きずられるようではお話になりません。



■その後の懇親会で・・・
ポール・ポッツの話題が出たので、帰宅後Youtubeで検索して見てみることに。
「泣ける・感動する」とか言ってたけど、事の顛末を話聞いた状態で見たらふーんという感じになっちゃう・・・

すみません!!!

おっしゃるとおり泣けました。感動しました。

参考:奇跡体験!アンビリバボー:08.06.05放送分 ONE CHANCE 奇跡の大逆転

オペラは全く興味がなかったけど、これを見てしまうと聞きたくなってしまいますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年 お盆その4 コーチングの神様が教える「できる人」の法則

2008年08月18日 09:14 このエントリーをはてなブックマークに追加

コーチングの神様が教える「できる人」の法則

「あなたは「できる人」特有の罠に陥っていませんか?」
「私はこういう人間だから。その信念で損している事に気づいてますか?」

自分は「できる人」だ。
そう言い切れる人に読んで欲しい一冊。
この本では「できる人」が持ちやすい20の悪い癖について直すきっかけを与えてくれます。
本を読む時には、著者にコーチングを受ける気持ちで読むと効果が高まります。

■20の悪い癖
01.極度の負けず嫌い
02.何かひとこと価値をつけ加えようとする。
03.善し悪しの判断をくだす。
04.人を傷つける破壊的なコメントをする。
05.「いや」「しかし」「でも」で文章をはじめる。
06.自分がいかに賢いかを話す。
07.腹を立てているときに話す。
08.否定、もしくは「うまくいくわけないよ。その理由はね」と言う。
09.情報を教えない。
10.きちんと他人を認めない。
11.他人の手柄を横取りする。
12.言い訳をする。
13.過去にしがみつく。
14.えこひいきする。
15.すまなかったという気持ちを表さない。
16.人の話を聞かない。
17.感謝の気持ちを表さない。
18.八つ当たりをする。
19.責任回避する。
20.「私はこうなんだ」と言いすぎる。


【印象に残った内容】
・やめる事の大切さ(始めることよりやめることの方が楽だ)
いい人になる => ポジティブ行動が沢山必要!
いやなヤツをやめる => 少し注意するだけでいい

・私はこうなんだと言いすぎる
あなたらしさとは、あなたが自分の事をどう考えるかではない。
他の人があなたをどう考えるかだ。

・知っていることを人に言われた場合、「もう知っていますよ」とぶっきらぼうに答える
さて、あなたは尊敬する人から知っていることを言われた場合、
「もう知っていますよ」と答えるだろうか?
-対策-
1.自問自答 これから言おうとすることを言うことに価値があるか考える
2.その価値はないと結論
3.ありがとう と言う

【推奨読者】
自分は「できる人」だと言い切れる人。
自他共に認められる、「できる人」になりたい人。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年 お盆その3 ソフトウェア開発で伸びる人、伸びない人

2008年08月18日 08:25 このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトウェア開発 で伸びる人、伸びない人 (技評SE新書002)

この本には二つのチェックリストがあります。
1.伸びる人・伸びない人チェックリスト
2.幸せになれる?なれないチェックリスト
チェックリストの後に説明があり、伸ばす人になるための注意事項や身につけるべきスキルが書いてあります。

【この本をこう活かす!】
会社の新人に読んでもらい、仕事との関わり方で足りない部分に気づいてもらう。
自分であれこれ指摘するより、本を読んで自分で気づいてもらう方が感情的なしこりが残らずオススメです。
注意としては気づいてもらうにはいい本ですが、実際に行動に移すための記述は少ないです。
足りない部分は、先輩として自分の経験を踏まえたサポートをする必要があります。

自分が当たり前に出来ることや常識と思っていることでも、経験が少ない人にとってはそうではありません。
そのギャップを認識する事によって、よりよい成長のサポートが可能になると思います。

【推奨読者】
・開発経験3年未満の人
・開発経験3年未満の人を育成する人
このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年 お盆その2 モチベーションが上がるワクワク仕事術

2008年08月18日 08:21 このエントリーをはてなブックマークに追加

モチベーションが上がるワクワク仕事術 (めざせ!仕事のプロ)

「楽しい仕事しかしないのではなく、仕事を楽しくしよう!」
「できれば仕事を楽しくではなく、絶対に仕事を楽しんでやるぞ!!!」
積極的に仕事を楽しむ工夫こそ、仕事でモチベーションが上がる秘訣。
今よりも半歩高い仕事を目指して常に努力をし、チャレンジしていくから楽しい。

・この本では仕事を楽しむ技術として以下の5つを身につけることを推奨しています。
1.会社・仕事のワクワク感を見つける技術(ワクワク発見力)
2.仕事をゲーム化する技術(ゲーム化力)
3.目の前の仕事に集中するための技術(頭の整理術)
4.心配事やイヤな仕事に集中するための技術(気持ちのコントロール術)
5.効率よく能力を身につける技術(高速学習術)


【この本をこう活かす!】
まずは、2のゲーム化力を利用して興味が持てない仕事も、興味をもって取り組めるように工夫してみます。
■本で紹介されていた中ですぐに実践したいゲーム化のアイデア
・タイムプレッシャー
自分で自分がやっていることに時間目標を設定して取り組む。
他人からタイムプレッシャーをかけられると息苦しいので注意。
例)500部の資料を製本する場合、「20部を何秒でできるか?」と目標を立てて楽しみながら仕事をする。
退屈なことでも、タイムプレッシャーをかけると集中力が増し、いつの間にか没頭し始める。

・ハイスコアゲーム
他人と比較するのをやめ、昨日の自分と比較する。
自分と比較すると劣等感を感じる事が無く、自分の成長が実感できる。

【推奨読者】
・楽しみながら仕事をしたい人
・仕事がマンネリ化している人


【次に読みたい本】
TIME HACKS!
楽しく速く仕事をするための時間管理のノウハウが沢山詰まってます。


【著者のブログ】
モチベーションは楽しさ創造から
※著者は8/12のブログで白内障の手術をすると書いていました。
実は私も大学生の時白内障にかかり、両目とも手術した経験があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年 お盆その1 世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく

2008年08月18日 08:06 このエントリーをはてなブックマークに追加

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく


「問題解決力、論理思考力をつけるための入門書にぴったり」

子供向けの本だが、大人でも十分役に立つ一冊。
巷に出ているロジカルシンキングの本は難しすぎてやる気がしないという人にオススメです。
次へのステップアップ用の一冊として購入されるとよいでのはないでしょうか?
本屋で立ち読みした時はいまいちに感じましたが、じっくり読んでみると楽しい本でした。
ストーリー性があるため読みやすく、頭に残りやすいです。

■この本で紹介されている問題解決に役立つツールとその用途
1.分解の木
  問題の原因を探す。アイデアを広げる。
2.はい、いいえの木
  問題の原因を探す。考える道筋を明確にする。
3.課題分析シート
  課題-仮説-根拠-分析・作業-情報源のカテゴリに分けて考え、課題解決のために何を調べる必要があるか明確にする。
4.仮説の木
  話の道筋を整理する。
5.よい点、悪い点リスト(意思決定ツール)
  選択肢を洗い出す - よい点・悪い点を書く - 項目の点数評価をして判断する
6.評価軸×評価リスト(意思決定ツール)
  選択肢を洗い出す - 各選択肢の評価軸を書き出す - 各評価軸の重要度を決める - 各選択肢の評価をして判断する

【この本をこう活かす!】
ツールの説明ページを印刷して職場に置く。
問題が起きたときにツールを実際に使って試してみる。

【推奨読者】
・問題解決力、論理思考力って何?という人。
・ロジカルシンキングに挑戦したが、難しくて挫折した事がある人。

【次に読みたい本】
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
あなたは考える = 答えをネットで探すになっていませんか?
この本を読むと、自分で物事を考える力が身につきます。

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)
本格的な論理思考力を身につけるために。
このエントリーをはてなブックマークに追加

080818 お盆期間中の読書

2008年08月18日 07:54 このエントリーをはてなブックマークに追加

20080818075435


お盆終わって、今月の合計は22冊。
お盆期間はSE向けの本を中心に読みました。
面白かった本はこの後簡単にですが、レビュー書きます。

ちなみに、お盆期間中は実家に帰ってゆっくりしてました。
(福岡に戻る時に大雨で3時間電車が遅れて困りましたが・・・。)
このエントリーをはてなブックマークに追加

080812 仕事での学びが足りない!!!!!!

2008年08月13日 02:49 このエントリーをはてなブックマークに追加

今日強く思ったこと!
仕事での学びが足りない!!!!!

これはここ一ヶ月ほど早く帰って勉強することに視点が当たってしまい、
仕事で学ぶという視点がおろそかになっていました。

少しでも早く帰って2時間本を読むより、仕事中に1時間でも学んだことを活かすほうが断然良い!
同じ仕事でも意識を変えるだけで変わってくるのに、このままだと勿体無い!
学んだことを活かしていないわけではないが、活かし方にまだまだ無駄がありすぎる!

というわけで、勢いそのままに、本屋によってきました。
2時間半立ち読みして買った本は以下。

080812_購入本


・今日購入した本の目的
学ぶ機会を増やす
チームを活かす
コーチとしてメンバーの成長をサポートする(今は新人ばかり目を向けすぎている)
+新人にプレゼントする本2冊

お盆期間中に全部読んで、お盆明けから早速仕事で使っていきます。

そして、本を探している時にかかってきた一本の電話。
「本で読んだことを仕事で実践したら、びっくりするくらい効果があった!」というクライアントさんからの喜びの声。

これはまさに、今日から私がやろうとしてたことですね。
とてもいい傾向だと思うので、どんどん続けられてください。
私もびっくりすくらい効果がある体験ができるように工夫してみます。
そのためにはお盆中に家にスローガンを貼り、仕事で常に学び続ける習慣づけでもしましょうかね。
または、仕事で使うPCの壁紙に「常に学び続けているか?」という文字でも設定しておく?

------------------------------------------------------
その後は今月初のスポーツジムへ。
仕事のピークと重なりしらばく行けなかったけど、
今日一度行っておけば、お盆期間中は家で勉強に集中できる!という事で行ってきました。

■今日ジムで嬉しかったこと
1.久しぶりに会う何人かの達から「やせたねー」と言われたこと。
この言葉聞いたら、今月分のダイエット(?)はどうでもよくなりました。
しばらく最低週一ペースで、楽しむためだけにジム行くことにします。

2.ブログ見たという方から声をかけてもらえた事
ジムの人から今のブログ見て声をかけてもらえると思ってなかったので、嬉しかったです。
毎日見てくださって刺激になっているとのことだったので、私もその言葉を励みにして、
見た人が何かしら行動に移したくなる刺激をプレゼントできるように更新していきます。
あと話してて思ったのが、一ヶ月以上mixiログインしてません。
このままログインしないまま終わるかもしれません・・・。

------------------------------------------------------
今日の締めは「読書の反省」。
・300冊の目標を立てたのはいいが、読み方が散漫になっている。
なぜかというと、読んだ本の内容を活かせていない。
重要ではない内容の部分も、とりあえず読んでしまう。
これが悪いというわけではありませんが、速読を学んだ人間としては喜ばしくない。

ここで今日読書の3つの原則を決めました。

1.一ヶ月以内に内容を活かせる本を読む
そのためには、仕事で問題点や伸ばしたい部分を見つける!
そして、その解決策を探すために読む!
でも活かす本だけだと精神が疲弊するので、2割は興味のための読書をしてよい。

2.本の著者の意見だけではなく、自分の考えも取り入れて活かしていく
特に同じカテゴリ(例:勉強法)の本をまとめて読みマインドマップにまとめる場合に、
自分の意見や考えを書く量が少ない。ただの本のまとめになっている。
もっと著者と向き合い、自分の考えと融合していける読み方をしたい。
受動的に読むのではなく、著者と対話しながら能動的に読む。

3.勤務時間中の空き時間は、仕事で使える本を繰り返し読み活かしていく
SEとしての本分がおろそかになっているので、基礎をやり直す。
仕事中堂々(?)と読みながら、その場で使っていける本を読む。

・対象ジャンル
文章術、論理思考、コミュニケーション、チームの力を引き出す、etc・・・。

------------------------------------------------------
その他改善事項
・家での無駄時間を減らす(パソコンつけてだらだらしている時間)
・朝勉強復活 時間は30分。
最近疲れたのを言い訳にして、朝を有効に使えていません。
・記事のカテゴリを変更。=>学んだ事を書くことに意識が向かうものへ。
日々の出来事 -> 日々の学び
コーチング -> いいコーチになるために
このエントリーをはてなブックマークに追加

080810 ICC コーチ養成講座第3回

2008年08月10日 23:10 このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はICC講座の第3回目を受講しました。
今回特に印象に残ったのが、真のゴールを引き出すこと、目標をビジュアル化することです。
というより、今日はこれしかしていません。相変わらず一日みっちりロールプレイで濃密なコーチ体験時間でした。

1.真のゴールを引き出す
今までコーチングの練習をしていたときに、目標はクライアントに提示してもらっていました。
そして、出してもらった目標にしたがってどんどん行動に起こすところまで進めていき、
本当に相手がしたいことなのかというところまでは把握できずに進めていました。
今回講座を受けたことによって、相手が本当にしたいことを感じ取りながら、目標を聞くという体験ができたので、
次からは目先の目標にはとらわれずにコーチングを進めて行けるようになっていくと思います。

2.目標をビジュアル化する
予想外に楽しかったのが、目標達成イメージのビジュアル化。
例えば、アメリカに行きたいという目標があれば、4年後にアメリカのロサンゼルスに行って、
スシバーでお寿司食べているが味付けが濃くてイマイチだ。
と、今現在目標を達成している状態として現在進行形でクライアントに語ってもらいます。
コーチとしてクライアント役の人が嬉しそうに語っている姿を聞くだけで、楽しくなります。
自分がクライアント役で話すのも楽しい。
積極的にビジュアル化は取り入れたいですね。

・注意すること
自分が気に入った手法ばかりクライアントに試してしまいそうですが、自分にあったものがクライアントに合うわけではありません。
自分の思いにとらわれずにクライアントに合うやり方を探していき使っていきたい。
そのためには、苦手な手法も一通り覚える必要ありますね・・・。

今回の文章入力は、ドラゴンスピーチという音声入力ソフト使いましたが、結局全部書き直しになりました。
しばらく学習させないと使い物になりませんね・・・。
Dragon Naturally Speaking 05 Select 日本語版


---- 以下は30分学習させた後、再度音声入力してみたもの。それなりによくなってます ----


今日ははいCC公団の第3回目を実行しました
今回特に印象に残ったのが、心の航路を冷やすことも平ビジュアル化することです。
というより、今日はこれしかしていません。相変わらず1日にキリロールプレイで濃密な工事債権時間でした。

1、心の航路を引き出す。
今まで工事の練習をしていたときに目標は、クライアントに提示してもらっていました。
そして出してもらった目標に従って、どんどん行動に起こすところまで進めていき、
本当に相手がしたいことるかというところまでは把握できずに進めていました。
今回講座を受けたことによって、相手が本当にしたいことを感じとりながら、目標作り体験ができたので。
次からは目先の目標にはとらわれずに、工賃の進めていき良いなっていくと思います。

2目標をビジュアル化する。
予想外に楽しかったのか、目標達成イメージをビジュアル化。たとえばアメリカにしたいという目標があれば、年後にアメリカのロサンゼルスに行って、
シルバーで認めている味付けが濃くてイマイチだ。と、今現在目標達成して状態として現在進行系で火薬に語ってもらいます。
高知としてクライアント役の人が、無理そうに語っている姿を聞くだけで楽しくなります。
自分がクライアント役で話すのも楽しい。
積極的にビジュアルが取り入れたいですね。

注意すること
自分が気に入った司法ばかり。クライアントに話でしまいそうですが、気分にあったものがクライアントに会うわけではありません。
自分の思いにとらわれずにクライアントに洗い方を探していき使っていきたい。
そのためには苦手な手法も一通りを覚える必要ありますね。…。
今回の文章入力はドラゴンスピーチという。音声入力ソフトを使いましたが、結局全部書きの深夜いました。
しばらく学習させないと使い物になりませんね…。
このエントリーをはてなブックマークに追加

080808 2008年にこにこ300冊読書計画

2008年08月09日 01:57 このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は絆結会に参加して、絆を深めてきました。
人数は前回から増えて、過去最高を記録。
お酒は飲めませんが、前回噂になった人と会えたり、コーチについて語り合ったりと楽しいひと時を過ごせました。

家に帰ってもテンションは高いままなので、勢いで本を一冊。
・・・読みたいところですが、次の読書予定にしていたザ・ゴールは最低でも3時間かかるので、中止。
火曜日に同じ著者のクリティカル・チェーンを読みましたが、面白すぎて3時過ぎまで読み続けてしまい、翌日眠くて辛い目にあいました。
変わりに30分くらいでサクサクっと作ったのが、年300冊読書計画。

その名も「2008年 にこにこ300冊読書計画」。
今日の絆結会で頂いた、迅速一番マグネットで壁に貼りました。
8~12月の五ヶ月で残り152冊。一日一冊ペースで読めば達成できるスケジュールです。
日々のモチベーションを維持するために、1冊読んだら1枚シール貼ります。
2008年にこにこ300冊読書計画①

2008年にこにこ300冊読書計画②

シールは3種類用意して使い分け。
右:通常は小さいシール。
中:厚めの本(2時間以上かかったもの)、またはマインドマップを作成した場合はカラフルシール。
左:20冊読むごとに、大きなシール。
2008年にこにこ300冊読書計画③

■工夫したポイント
・シールを貼ることで、日々達成感を得てモチベーション維持
・過去の1月~7月のグラフもあえて作成。
これは、既に半分達成したので残り半分でいいよ、楽勝だよと自分に思いこませるため。
8月~12月分だけ作ると、0から150冊も読まないといけないと思うため、シールが少ない最初が辛い。
0->150より、150->300の方が気が楽です。


明日(8/9)は久しぶりのお休み。
一日ゆっくり・・・したいところですがコーチ講座の宿題が・・・。
明日は宿題と、翌日(8/10)のコーチ講座の予習で一日潰れそうですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

080803 声の出し方・話し方講座 2回目

2008年08月04日 01:46 このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はカラープラネットさんにて、声の出し方・話し方講座 2回目を受講。
カラープラネットさんのHPは宣言どおり先月から変わっていますね。
全面ピンクのイメージから、ピンクとオレンジの色合いに変わり、抵抗がなくなりました。
先月見たときは男性でも参加していいのか悩んでしまったので・・・。

講師はアナウンサー兼コーチ兼ファシリテーターのSAMEJIさん
ちなみに、昨日のファシリテーション協会定例会でもお会いしました。

2回目の今日は話し方をハード(声自体)、ソフト(話し方・話の内容)に分けたソフトの部分のトレーニング。
1回目の感想はこちら

■全体の流れ
1.自己紹介
2.1回目の復習(声の出し方基本練習)
3.話し方の基本説明1
4.2分間スピーチ
5.話し方の基本説明2
6.自分の仕事スピーチ(2分->1分->30秒)

■今回の事前準備
・ボイスレコーダー
・外郎売り口上の初めだけ暗記

■気になったキーワード
・その人だけの経験話(実例)は人を惹きつける力が強い
=>人に話せる面白いネタはこれからもどんどん作っていきます。年間読書300冊もその一つ。

・性格は長所について話し、欠点はリフレームする
リフレームとは良い表現にすること。
例)ぐずでのろま => おっとりとしていてやさしい

・明快で、歯切れよい話し方のコツ -> 語尾をはっきりと断定的に言い切る
×~だと思います。~の様です。
○~です。~でした。
=>思いますという表現はブログやメールでつい使ってしまうので注意します。

・話のコツ
話す素材を用意。
素材をどの順番で組み合わせて話すと一番面白いか考える。

・起承転結の転は、異質なものを結合できる
起:大阪本町糸屋の娘、
承:姉は16、妹は14、
転:諸国大名は弓矢で殺す
結:糸屋の娘は目で殺す
=>殺すというキーワードは共通だが場面が全く異なる

・PREP法
要点 - 理由 - 具体例 - 要約

・まず事実、モノ・コトを描写。そして、自身の感想をつけくわえる。
今後セミナーの感想をブログに書くときはこの順番を意識して、
短い時間で密度が濃いものを書けるようにします。

・ポイントを押さえた話し方をする練習には15秒スピーチが有効

■2分間スピーチについて
・「4年前メタボ体型でした」というキーワードでスピーチ
4年前で起承転結 -> 現在で起承転結の2セット組み合わせて話すつもりが、
現在の話への切り替わりと結の部分がいまいちだったので、
終わった後に自分で結局何が言いたかったの?となってしまいました。
あらかじめ用意していた具体的な数値キーワードが後半抜けていたのも痛い。
自分で褒めるところは、スピーチの前に起承転結、事実・意見で分けるなどロジカルな構成を意識しようと考える癖がついてきたこと。
来月はロジカル月刊にして勝間和代さんのオーディオブックに挑戦してみようかなあ。

・2分間スピーチの内容を音声認識ソフト使って入力した文章で公開するはずが・・・
フリーまたは試用版のソフトでいいのがみつからなかったので断念しました。
ドラゴンスピーチのプロフェッショナル版欲しいけど今は金銭的に買えない。
それでも試用版があれば使ってみて購入検討できるのに、残念ながらありません。
フリーではJuliusというソフトがありました。


■声の出し方・話し方講座を受けた感想
1回目・2回目と受けて意識の変化が起きたことが大きい。
意識の変化とは、話しながら・または話した後に振り返る癖がついてきたこと。
例えば、話している間に今のは早口だったとか口がはっきり空いていなかったなどと考える。
意識することさえできれば、まずは基本の型を覚える、そして実践して話す機会を増やせば自然とよくなっていきます。
こうなると気が楽ですね。


^^^75
|||話し方
このエントリーをはてなブックマークに追加

080802 FAJ九州定例会 「研修と現場はつながっているのか?」

2008年08月03日 01:07 このエントリーをはてなブックマークに追加

主催:日本ファシリテーション協会(FAJ)・九州支部

■全体の流れ
1.オリエンテーション&導入
FAJとは?
初参加の人の自己紹介&目的
挨拶&テーマ説明

2.アイスブレイク&話題提供
研修に対する悩みで点数をつける(自分は8点)
近くの人とグループを組み自己紹介
点数が高い人が前に出て悩みの内容を提供

3.テーマ出し
各グループで今日話し合いたいテーマを決める
=>ホワイトボードへ貼る

4.ワーク&振り返り
気になるテーマがある人同士でワーク
ワークの後に各グループ発表

■今回の自分の立場
9~10月くらいから、社内のリーダー&リーダー候補相手に研修をしなければならない。
一番はコーチングの研修だが、自分の上司へ研修するのは正直やりづらい。
そもそもコーチングより、速読・マインドマップ・ファシリテーション体験の方が興味を持ってもらえそう。
しかし、会社のお金でコーチング習ってるから社内に展開しないといけない。
さて、どうしようか・・・?

■ファシリテーターとして自分が身につけたいと思ったこと
・複数の人の話を要約して次の話に繋げる

<反省>
・議論中熱くなる。反応して反論してしまう。
感情の反応ではなく、理性の対応をして相手の言葉を受け止めた上で、自分の意見を加えるように。
・自分でテーマを選んで、同志を募ってファシリテーター役をしなかったこと。
貴重な体験機会だったのに・・・。


■感想
半年振りの定例会。これでようやく3回目。5月のファシリテーションフォーラム入れると4回目です。
見知った顔も増え、気楽に参加できるようになってました。
年明けに初参加した定例会では何でみんな紙に自分の考えを書くの?
何をどうやって書くの?と戸惑いばかりでしたが、今では書くのが当たり前になってます。
こういった成長を実感できる機会があるのは嬉しいです。

今月からは他のスケジュールと被らないので、年内の定例会に全て参加できそうです。
FAJの定例会、コーチング勉強会は安くて、自分のモチベーション維持に繋がるので大変助かってます。
将来は還元できるように行動したいですね。


■参考になったこと
<講師自身>
・講師として話す前に、車の中などでポジティブな言葉を言い続けてテンションアップ!
・参加者への感謝。教えてやろうではない。

<参加者向け>
・この研修を受けるとこういう効果があると説明。参加者一人一人の立場に合わせられるのが理想。
例)
Aさん。あなたは3年後に弁護士になりたいと思っていますね。それであれば、この研修は~に役立ちます。
Bさん。3ヵ月後の資格のために~~~・・・。

・周りの人と仲良くなってもらう。仲良くなってもらうと意欲が高まる
例)
3分間で同じグループの人の名前を覚える
飲み会も大事(自分もそうだが、研修後の飲み会を楽しみにしている)
・研修の参加者に今行動に移したくなる(移さないと勿体無いでも良い)理由を与えられるよとい
・組織の理念があって初めて企業研修が活きてくる
=>現場ごとに理念があってもよい。
=>現場からこういう問題があるからそれを解決するためにこの研修をやって欲しいという意見がでてくるのが理想。
・参加者に他人事ではなく、自分にとってこれだけこの研修が関係あるんだよと伝える
・参加者に研修で学んだことを実践するとこれだけいい影響があるとイメージさせる
参加者は自分が知っている事しか想像できないことに注意
・自分が役立てた具体例を話す

■定例会中に考えた、自分主催の研修内容案等。
・ファシリテーションを活かして、参加者に興味を持ち続けてもらいながら講師役をする。
・コーチングにこだわらない。
例えば、自分が教えられるものをいくつかピップアップしておき、選んでもらうのもあり。
・事前に協力者を作っておく。一人居るだけでもとても心強い。
・自分の成功体験を増やす。
・一回の研修の質ではなく、次に繋がる持続性を持たせる研修内容を考える。
例えば、今回沢山の知識を得たつもりにさせて、使わないまま終わるより、
あえて時間を足りなくして、参加者にこれを教えて欲しかったと言ってもらうようにするとか。
=>じゃあそれは次回やります。楽しみにしておいてください。


■本泡にて気になったこと。
・コーチの質問攻め
コーチングが嫌という意見に質問が多すぎるというのがありました。
これは自分でも思いますが、つい質問で解決しようと考えてしまう。
だから、話が詰まると何か効果的な質問はと自然と考える。
そして、質問を続けていくと詰問に変わり、相手の意欲を奪っていく・・・。
ただ話したい相手にも、つい質問をしてしまうのはどうなのだろう?
コーチだからいい質問をしなければならない?
相手があなたにコーチとして接してほしいと思っていない場合は?
正式契約をしたクライアント以外は求めていないのでは?
=>質問ばかりなんて、ここは徹子の部屋なのか?
今は、部下に対して質問攻めで嫌がられているのかなあと気にかかっている状態ですが、
ひよこコーチなのでしょうがないです。
むしろ、質問を続けてこんな質問は嫌だという意見が
部下からどんどんでてこないかなと心待ちにしてたりもします。
意見をもらったときは心が痛いですが、これがないと正しく成長しません。

・・・こんな質問の悩みが解決できたら一人前のコーチに近づけるかなと思いました。

・今日も説明
今日は自分とコーチングの関わり方、速読、マインドマップの説明。
先週印象に残ったオートクラインの説明もできたのは自己満足度高し。
反省は終盤30分は自分の話ばかりしすぎたこと。
そして、心の勢いがあったから聞き取りにくい早口だったはず。


■つぶやき
・大きな目標を達成するためには、小さな目標に分ける。
知っていることだけど、だからといってそれを実践できるわけではない。
実践するためにはきっかけがあればよい。
そのきっかけが自分にとっては今日だった。
年間300冊の目標は、月ごとに分割した目標にして達成率を高めるようにします。
それに加えて、何故300冊読みたいのか?何のために読むのか?
本当に読みたいのか?という質問に対する答えも見つけないといけないですね。

^^^120
このエントリーをはてなブックマークに追加



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。