Archives[ 2008年10月 ] - SEの皆さん、ビジネス書活かしてますか?

スポンサーサイト

--年--月--日 --:-- このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

4つのタイプ分け診断結果は・・・

2008年10月29日 07:17 このエントリーをはてなブックマークに追加

コントローラータイプでした。

特徴

このタイプの中核には「自分が決断したい」という欲求が強く存在しています。また他人から指図されたり、コントロールされたりすることを嫌う傾向もあります。行動的、決断力あり、支配的、人間関係より仕事優先、起業家タイプです。



予想ではコントローラー、アナライザー、プロモーターが同じくらいのスコアで
サポーター要素が極端に低いと思ってたが、プロモーター要素が意外と低かった。
この結果は今後の自分戦略に組み込もう。
自分の事を知れば知るほど決断が早くでき、エネルギッシュになっていく・・・。

詳細な結果はこちら
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

2008/10/28 「29歳の誕生日」

2008年10月29日 01:19 このエントリーをはてなブックマークに追加

resize0062.jpg
今日は29歳の誕生日でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

【ウェブ立志篇】米ミューズ・アソシエイツ社長 梅田望夫

2008年10月28日 03:52 このエントリーをはてなブックマークに追加

【記事全文】
産経新聞:【ウェブ立志篇】米ミューズ・アソシエイツ社長 梅田望夫

10月12日、ユーロ圏(15カ国)の緊急首脳会議がパリで開かれ、
そこで潮目が少し変わり、最悪の市場状況にいったんは歯止めがかかったけれど、
これからしばらくは、実体経済の面でもとても厳しい時代が世界全体で続くだろう。

こういう厳しい逆境のときこそが「時代の転換点」であり、
特に若者たちにとっては素晴らしいチャンスだということである。
明けない夜は絶対になく、そして朝を迎えたときには、
夜の間に仕込まれたイノベーションの種がいっせいに芽吹き、世代交代が起きる。
こういうときこそ若者たちを鼓舞して、新しい挑戦に投資し続けることである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2008/10/26 コーチング基礎講座Ⅰ

2008年10月26日 23:58 このエントリーをはてなブックマークに追加

講座を受けた結果コーチとしての能力を最大限高めるために今することが決まった。
それは

クライアントとして最大限の成果をあげること。



これができれば自然とコーチとしての魅力が溢れるはず。

有限実行として明日から受けるメンターコーチングで2倍行動し、10倍コーチを使います!
メンターコーチがびっくりするくらいの成果をあげよう。

------- 詳細な振り返り -------
■受講前の状態
・コーチングに期待すること
自分の行動力を高め最大の成果を出すこと

・講座受講前の目標
1.コーチングの復習
2.講師の講座のやり方を盗む
3.行動力を上げるためのヒントを得る


■講座について
「シンプルでわかりやすく話に引き込まれる」

・資料の特徴
目的が明確
要点のみ(シンプルでわかりやすく詰め込まない)

・話の内容
体験談が多く話に引き込まれる
=>面白くて目が離せない

・講座の進めかた
フォロー力がずば抜けて印象に残った
受講者が言葉にできなかった思いを引き出し、自分の経験の話を交えながら進める
ワークで出たものはきっちりと講座で有効活用し次に繋げる
=>参加者としての納得感が高く、話が深いところにいきやすい
ちなみに講師のフィードバックは~と聞こえたが多かった

・感想
自分が理想とする講座のやり方に今までで一番近い
自分に大きく足りないのは自分がクライアントとして成果を出す経験

■講師への印象が変わった
今日は初めから講師へのプレッシャーを感じていた。
これは場を支配されている感じと苦手意識があったから。
何故だろうと思って自分の内面に向き合ってみたところ
心を見透かされているという答えがでてきた。

きっかけは2月の「ニーズと価値」についての勉強会スペシャル後の飲み会。
この場で自分がニーズのみで生きていたことに気づくと暴風雨のような指摘がきた。
よくぞここまで会って間もない人の心がわかるものだなと感心すると同時に完全ノックアウト。
倒れても倒れても心を刺されて刺されて刺されまくるので、ここまできたら笑うしかない。
でもこの経験があったからこそ今の自分があるわけで、なかったらファシリテーターの道を目指していたに違いない。

そしてこの答えを基に再考したことろ、苦手意識は完全になくなった。
自分と同じように昔ニーズにまみれていた人だからこそ、その言葉には重みがある。
心を覗かれようが何しようがもっと自分をさらけ出せば怖いものはない。
さらけ出せば出すほど自分が伸びる!
=>おかげで今日は心が雲ひとつない青空のように晴れた。

PS.
ストレングスファインダーの結果が収集心・目標志向・勉強欲と被っていたことが判明
=>結局似たもの同士だってこと?

■今日見つかった自分への課題
・質問での相手の視野の広げ方が狭い
相手が海外旅行に行きたいとした場合、海外・海・ゆっくりしたいなど3つのキーワードを聞いた時点で
深く掘り下げる質問に移る傾向がある。
誰と行きたいか、何故行きかいかなど相手の視点外の質問が少ない。
自然な流れを意識しすぎて始めに視野を広げきれていない。

・自分の立場の質問・承認が多い
相手に合わせたトランアンドエラーの質問・承認で進めてない。
原因がボキャブラリーが少ない。
=>意識的に使える語句を12/15までに30個ずつ増やして使ってく。

■観察
・講師、運営委員のプロコ-チの方々の聞き方をこっそり観察
うなづくタイミングが似てる。
小刻みにうなづく時、大きくうなづく時も似ている。
何か共通点がある?
ここを紐解けると聞くことの新たな境地が開けそう。

また運営委員の方が関わったグループの発表中は極端に相づちが少ない。
メモを取っている最中は相づちが無い。
ブロとはいえ常に全力で聞いているわけではない。
(姿勢が極端に崩れたり、明らかに聞いていない素振りのときがある)

■メモ
・コーチ協会福岡支部のコーチングとは?の答え
「あなたの人生をもっと美味しくする手法です」

・繰り返し
相手の感情・気持ちが出ているときにキーワードを繰り返されるのがいい
言葉や事象の説明の時に繰り返されるとテンポが崩れる

・相手が心から楽しそうに話している時にそのことをフィードバックをすると、一気に笑顔が溢れ場が作れる

■本などの出会い
稲盛和夫の哲学―人は何のために生きるのか

・アスクヒューマンケア 通信セミナー「私を生きる」スキル

test.jp あなた自身を知るサイト

Frieve Edito:思考の整理や、斬新なアイデアの発想を支援する新しいエディター
このエントリーをはてなブックマークに追加

2008/10/24 「今の2倍行動して欲しい」

2008年10月24日 21:17 このエントリーをはてなブックマークに追加

来週から2ヶ月間メンターコーチングを受けるが、そのオリエンテーションが今日あった。

密度が濃いオリエンテーションで、次々とやることが決まっていく。
承認もうまいし、見習うべきところが多い。

そんな中ふとした拍子に言われた言葉がこれ。

「今の2倍行動して欲しい」



「ハイ!」
・・・とこんな元気な返答はできなかったけど、挑戦してみます・・・。
にしても今の2倍も行動できたら今後の人生が大きく変わりそう。
「コーチを使い倒して欲しい」
とも言われたので常人の10倍くらい使い倒してみることにしよう。

ちなみにコーチングは毎週月曜朝6時半から。
毎日6時に起きる習慣をつけるいい機会にもなる。

PS.
今回のコーチは2年前姉がコーチングを受けた人だったりする。(昨日発覚)
すごい偶然だなあ・・・。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2008/10/19 ICC コーチ養成講座第5回 ~2日目~

2008年10月22日 07:59 このエントリーをはてなブックマークに追加

・自己基盤チェック
今日は10分野計100問のチェックリストを行い、自分が満ち足りた生活を送っているかをチェックした。
結果は100点満点中34点。見事に低い。
仕事・精神・健康は良いが、生活環境・プライベート面が極端に低い。
今は意識的にバランスを変えているので、「うん。こんなものだろう」という気持ちであり、
このままではだめだから、早くコーチ基準の70点取れるまでやらないと!という気持ちにはならない。

しかし、やれることはやっておきたいので、できるものから始めていこう。
年末までの目標は60点。

ちなみにこの意識的にバランスを崩して集中する生き方に対して、
講師や参加者から「若い」「将来ガタが来るよ」という一言が。
結果が吉と出るが凶と出るかは将来のお楽しみという事で。

■講座中に印象に残ったこと
・政治家にもコーチがつき始めた。

吉野の大峯山
標高1719メートルの絶壁から頭を下にしてつるされる体験ができる。
高いところは大嫌いだが、これは人生で一度やってみたい。
怖いけど、それ以上に度胸はつくはず。

参考:ESAKA-NET-blog 吉野の大峯山山伏修行!!

■最近気になった記事
@IT SEとPG、どっちが頭がいい?(2)
PGの作業を低く評価し、外注で調達しようとすることは、社員に与えるべき貴重な開発経験を外注業者に流しているも同然です。
コーディング作業のオフショア開発を増やしたりしたら、それこそ日本のIT産業の基礎をスポイルすることになりかねません。
実装作業をアウトソーシングするという経営方針は決定的に誤っています。
SEもPGもわけ隔てなく、固定費でもってじっくり育てていかなければならないのです。

全くもってその通り!
今まで経験した現場ではPGをおろそかにしすぎるところが多かった。
これではそれっぽく動くものは作れてもお客様が満足するものにはならない。
こうして世の中に「使えない、バグが多い、修正するのにお金が沢山かかる」モノがあふれていく・・・。


このエントリーをはてなブックマークに追加

081018 ICC コーチ養成講座第5回 ~1日目~

2008年10月20日 20:01 このエントリーをはてなブックマークに追加

「今一番足りなかったのはオリエンテーションだ!」

今日クライアントと契約時のオリエンテーションのロールプレイがあった。
これをもっと早く受けてたら、日々のコーチングももっと機能したのに・・・。
と過去を悔やむのは嫌いなので、早速未来に向けた行動に移ろう。

・行動すること
まずは2月の試験に向けてコーチングの練習相手を3人見つける => そしてオリエンテーションもバシッとする!
今すぐ行動しないと手遅れになってしまうので今月はもう一踏ん張り!



・今日のロールプレイで受けたフィードバックで嬉しかったもの
コーチとしてのスタンスが安定
自然な形で提案がある
安心感がある
=>テーマが得意分野のタイムマネジメントだったからやりやすかった

・ふと思ったこと
目標は次から次へと出てくるが、課題はほとんど出てこない。
コーチングを学んだおかげで悩みが極端に少なくなった。
ただこれは、課題が妥協に変わっただけかも知れない。
自分の心に折り合いをつけるのがうまくなっている。

そして夜は父親ともつ鍋。
もつ鍋苦手なのにここ一ヶ月で4回も食べた。
おかげで食べれるようにはなった。

父親は現在72歳。
まだまだ息子より力も体力もあるので安心だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡SE共育会 第2回

2008年10月18日 01:12 このエントリーをはてなブックマークに追加

開催日時:2008年10月15日(水) 19:00
場所 :西中洲の某焼き鳥屋
参加者 :3人

■成長報告
・参加者1
「ゴルフのスコアが107に上がった!集中力がUPしたから?」
課題はOBしないこと。欲を出したらいけない。

・参加者2
「中小企業診断士の勉強成果をマインドマップに!上達のコツは真似ることから」
自分と同じA4ノートに書いたマインドマップを見せながらの説明。
=>忙しい中マインドマップも書くとはお見事!
説明される側にまわってみることで、あらためてマインドマップが便利なことがわかる。

見習ってコーチングの基礎について、久しぶりに手書きマインドマップを書いてみようかな・・・。

・参加者3
「親指シフトに挑戦。まだまだ悪戦苦闘中!」
何を隠そう自分のことだが、そろそろ親指シフトレポートも書きたい。
今月は密度が濃くて余裕がないので、レポートは来月?

■会の中で出た話題
・SEの将来について悩む
特定の会社の業務知識だけでは潰しがきかない。
汎用的なスキルが欲しい。

・会社の人に将来の夢や目標は話せない
部下や同僚の成長を邪魔に思う人もいる。

・指示命令ばかりしていると部下が育たない
最初の地図とゴールだけ確認して道筋は暖かく見守るとよい?

■個人的な振り返り
・2時間遅刻
すんません。

・プロジェクトファシリテーションの本を持って来ればよかった
->口だけの説明ではインパクトが弱い

・ミニコーチングできた
20080629 コーチング勉強会 ~ナースとコーチング~の設問を参考にミニコーチング。
短い時間の割には良くできた。
一緒に目標を具体化していくのは楽しい。
話を聞きながらどんどん楽しいイメージが湧いてくる。

■次会の改善案
・説明するときは録音する
->録音した自分の声を聞くことで振り返る

・進行目安を決めておく
->密度を濃くするために、おおまかな流れは決めておきたい

・写真を撮る

・毎回テーマを決めた方がいい?


次回は11/19(水)開催です。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 福岡SE共育会規約 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
・一ヶ月の間で成長したことを一つ以上報告する。
 仕事や勉強に関わらず自分が成長したと思えることであれば何でもよい
・他の参加者が知らない知識を一つ以上説明する。
 または他の参加者への質問を用意する。



このエントリーをはてなブックマークに追加

081014 福商実務研修講座NO.24 「やる気を育てるコーチング」

2008年10月18日 01:10 このエントリーをはてなブックマークに追加

10月14日(火)は福岡商工会議所主催のやる気を育てるコーチングを受講。
講師はSAMEJIさん。

「参加者との間に感じたギャップ・・・」
参加者と話しているうちに明らかになったのが、参加者の多くが会社から言われて仕方なく来ていること。
そのため意欲が高いとは言えない。
折角受けているのに勿体無いが、これもまた現実。
080802 FAJ九州定例会 「研修と現場はつながっているのか?」をまた受けたくなってしまった。
講師が参加者の意欲を上げるためにどんな工夫をしているた聞きたい。

「コーチング研修するときの枠組みが固まってきた」
取り入れたいネタがいくつかあったのでとても参考になった。
講座資料の存在も大きい。
来月中にコーチング研修資料を一度作りたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

081012~081013 久住へ

2008年10月14日 00:53 このエントリーをはてなブックマークに追加

日・月と名古屋から遊びに来た友人夫妻と一緒に大分の久住へ。
楽しかったけど疲れたので写真だけ・・・。

resize0041.jpg
081012_002.jpg
081012_003.jpg
081012_004.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加

081011 PFP 九州ワークショップ#1 『PFの原点について』

2008年10月12日 02:01 このエントリーをはてなブックマークに追加

■全体の流れ
1.オープニング
2.講演「PFの原点について」(平鍋健児さん)
3.実践事例発表(東泰史さん)
4.アイスブレイク(本間直人さん)
5.ワークショップ「PFって何?」(谷口裕一さん)
6.ふりかえり(串田幸江さん)

■1. オープニング
チュートリアル徳井似のさわやかな司会の挨拶でスタート!
後で話してみると、フォトリーディング -> ジーニアスコード -> マインドマップと共通点ばっちり!
このネタだけで一晩語りあえそうです。
頂いた名刺に書いてあるとおり、「よっぽどのご縁」でした。

さらに、PFP九州ワークショップ開催の夢をジーニアスコードで書いたら実現したとの裏話も。
ジーニアスコードの無限の可能性を垣間見せてもらいました。
そんな素敵なsatetsuさんのブログはこちら

■2. 講演「PFの原点について」(平鍋健児さん)
日本のオブジェクト指向開発の第一人者でもある、平鍋健児さんによるプロジェクトファシリテーションの説明。

----印象に残った内容ベスト3!----
(3)PFの見える化の例:野球のスコアボード
「最新の正の情報」が「一箇所に」、「大きく」書かれていて、それを「両チームのメンバー」、「審判」、「観客」が見ている。
=> 次の行動を誘発する。
誰の目にも現状が明らかで疑う余地は何もない。次に何をすればいいかが誰にでもわかる。

(2)プロジェクトファシリテーションで一番持ち帰って欲しいものは「KPT」だ!
全部の問題を解決しなくていい。
小さなことでもいいから一つでも改善できればOK!

(1)「自分が変えられるのは自分だけ。でも,自分が変わるとすぐ自分と周囲の関係が変化する。
それで周囲の人が変化する。そして自分の周りが変わり始める」
大きな変化はこうやって起きているんじゃないかな。


自分を変えるのは社会人になってからずっと持ち続けているけど、
それが大きな変化に繋がるところまでは意識できていなかった。
この言葉は心に響きました。


今回はまだまだ話し足りないそうなので、残りの楽しみは次回にとっておきます。

そんな平鍋さんの最新書籍はこちら。
リーン開発の本質 ソフトウエア開発に生かす7つの原則リーン開発の本質 ソフトウエア開発に生かす7つの原則


P.S. 福井県の場所、私も知りませんでした・・・。

■3. 実践事例発表(東泰史さん)
日本で一番熱い県庁と噂される佐賀県庁でのPF導入の実践事例。

公務員の方という事で、かたい話かと思いきや、可愛いパワーポイントで和むし、アジャイルやXPのモザイク写真で笑いをとる!
パワーポイントは交差点の真ん中でさんのにゃんぷれーとを使っているとのこと。

今までのパワーポイントのイメージを覆されましたが、ありです!

----印象に残った内容ベスト3!----
(3)A3のホワイトボードはコピー機でコピーできる
これは盲点でした。300円から始める職場改善として手軽でいいですね。

(2)よくある質問と回答例(うろ覚えなので例文は間違っているかも)
Q 何のためにやるの?
A 見えないものは改善できないんです!民間企業でも流行ってます。

Q 忙しいので・・・
A 忙しさをアピールするために見える化しましょうよ!

(1)事例そのものが面白い!
九州の民間企業でも導入は進んでないのに、まさか県庁職員が実践するなんて・・・。
トップの押し付けではなく、現場から始まる改善はリアル。
よしうちも明日からやろう!という気になり、とても刺激的でした。


■4. アイスブレイク(本間直人さん)
あの本間直人さんがアイスブレイクのみ担当と、とても贅沢な15分。
ワークは車の絵を描いて、各部品が自分に当てはめると何になるか考えること。

[自分の結果]
081011_04
ライト:目標。
ハンドル:戦略。目標にどうやってたどり着くか考えて、ハンドルを切る。
タイヤ:意欲。
ガソリン:向上心。
窓:人との接点。

・本間直人さんの最新書籍
チーム力をつくる3ステップ いつもの開発メンバーで150%の成果を出す! (エンジニア道場)チーム力をつくる3ステップ いつもの開発メンバーで150%の成果を出す!


ちなみに本間直人さんは1月31日に、福岡に来てくれるそうです。

■5. ワークショップ「PFって何?」(谷口裕一さん)
毎日がイベント日(?)と噂されるファシリテーション協会でお馴染みの谷口さんによる、ワールドカフェ形式でのワークショップ。
参加者それぞれのプロジェクトファシリテーションについて話しあう。
チームはなんと、平鍋さん、東さんと同じチームに。
そして今回は自分で立候補してリーダーとして場に残ることにしました。

・ワークショップで書いた内容がこちら。
081011_02

ワールドカフェ形式を体験するのは6回目(?)という事で、体が自然と動くようになってます。
PFを肴に楽しくお話するだけなので、1時間があっという間に過ぎていきました。

■6. ふりかえり(串田幸江さん)
数々の二つ名を持つ女として有名(らしい)串田さんによる振り返り。

振り返りの結果、チームにとってのPFとは?の一つの答えがこれ。
PFとは「仲間と信頼関係を築く(気づく)ためのきっかけ」である
081011_01
今日は自分にとって、PFの大きな「きっかけ」になりました。
このような貴重なきっかけを作ってくれたスタッフと参加者の皆さんに感謝です!
また次回も楽しみにしています!

081011_03

-------------------------------------------------
そして、ここからが本当の本番となる、懇親会。
参加者の多くはシステム開発に関わる人で、いろんな会社の現実話が聞けて楽しかった。
これだけいろんなシステム開発会社の人が集まって、自由に話せる場は珍しい。
九州だと他にどんなコミニティがあるんだろう?

まずは今日色々と話を聞けたわんくま同盟から参加してみますか。
ただし、次回福岡開催の11月22日はコーチ協会福岡支部の勉強会と被りそうな予感。

今日仲良くなった人達と話してて興味をもったのが、他の会社の内部勉強会に参加すること。
外部の人間だからこそ伝えられるものがある!
1,2時間くらいの短い時間なら、初心者向けの説明&体験会ができるネタがいくつかある。
すぐできるのが「速読」、「コーチング」、「勉強法」。
頑張ればできそうなのが「マインドマップ」、「わかりやすい文章の書き方」。
後はおまけで、自分が使っているお気に入りツール&Life Hack紹介くらい。
喜んで参加させて頂きますのでいつでも声をおかけください。

-------------------------------------------------
最後に一日の締めとして今日宣言したことの有言実行!
家に帰って早速PFのツールを試したみた。
「2008年 にこにこ300冊読書計画 バーンダウン・チャート」
081011_05

これは8月に作った「2008年にこにこ300冊読書計画カレンダー」をバーンダウン・チャートにしてみたもの。
081011_06
見た瞬間にわかったのが、このままいくと厳しい!
特に10月は読んでも10冊まではいかない。となると、11月・12月で残り80冊。

いざとなったら、大晦日に1日20冊の読書とかやるしかない!?

とここまで書いてきましたが、まだまだ親指シフト練習中の身なので、今日のような長文レポートは辛い。
予定の2.5倍時間がかかってる。
来月には使いこなせるようになっているといいんだけど・・・。



このエントリーをはてなブックマークに追加

081010 「陶芸とコミュニケーション」

2008年10月11日 02:24 このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は2ヶ月振りの絆結会に参加。
会場は地行にある工房陶友さん。

今回のテーマは「陶芸とコミュニケーション」というわけで陶芸作ってきました。
1時間半遅刻したので作り方の説明は聞けず、いきあたりばったりで作ることに。

作ったのは湯のみと小皿。(小皿は写真なし)
湯のみだけでも作るのに一時間。
思うようにはいかなかったけど、作ること自体が楽しい!
そのうち茶碗やおかず用の皿も作ってMy食器セットも面白そう。
20081011022422


今日の参加者の全作品。
みんなそれぞれの個性がでてて、味わいがある。
来月の絆結会で焼きあがったものを見れるのがとても楽しみ!
20081011022423

そしてこちらが今日作ったものを素敵に焼いてくれる友さんのブログ。
友さんの作る手打ちそばも絶品との事なので、12月予定の手打ちそば体験も待ちどおしい・・・。
話が熱い人で、今日いくつも心に突き刺さる言葉がありました。
「俺は俺らしく生きる、君は君らしく生きろ」
「俺は俺の天下をとる!」


・印象に残った質問
「若いのに何でこの会に来てるの?」
むしろ若輩者だからこそ、積極的に参加している。
同年代や気が会う人と話すのは楽しくて楽だけど、それだけだと視野が狭くなるし、成長もあまりしない。
この先五年なら今のまま成長しなくても平気だけど、10年たったら焦ってもがき苦しむに違いない。
今の年齢だからこそ目の前の餌に釣られず、5年後、10年後を見据えた上での緊急ではないが重要なことに集中できる。

年齢を重ねて経験を積み重ねた人の言葉は、心に響く。
話を聞いているだけで、とても勉強になる。

自分でも綺麗な言葉はいくつも知っているけど、今の自分が言ったところで薄っぺらい。
自分の体験から話していない言葉は、相手の心には響かない。
もっともっと経験積んで、自分より10歳くらい若い人の心に響く話ができるようになりたい。

・陶友祭のご案内
10/25(土),26(日)に工房陶友さんにてお祭りが開催されます。
詳しくはこちらをご覧ください。
20081011022424
このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年09月の振り返り&自分フィードバック

2008年10月06日 07:19 このエントリーをはてなブックマークに追加

「コーチとして停滞期」
「わかるからできるに変わった成功体験~わかりやすい文章を書く~」
「自分は向上心がないと活きていけない」

■一ヶ月の興味の流れ
わかりやすい文章を書く -> 疲れた -> 心に深みをつけるための小説

■今月の主なイベント
9/06(土) FAJ九州定例会
9/07(日) FAJ九州定例会 振り返り
9/14(日) ICC コーチ養成講座第4回
9/17(水) 福岡SE共育会(仮) キックオフミーティング
9/26(金) 魔法の魅力術セミナー

疲れが取れなかったため、予定を二つキャンセル。
それでも仕事以外で人に会った、または電話コーチングした日が20日。
これ以上増やすと危険な感じがしてます。

■来月のイベント予定
10/04(土) コーチ勉強会スペシャル
10/10(金) 絆結会
10/11(土) プロジェクトファシリテーション
10/12(日) 久住:一泊二日の旅行?
10/14(火) やる気を育てるコーチング
10/15(水) 福岡SE共育会(仮)
10/18(土) ICC講座
10/19(日) ICC講座
10/26(日) コーチング基礎講座Ⅰ

■読書 29冊
20081006071953


今月の印象に残った3冊
1.ビジネスマンのための「読書力」養成講座
   -本は頭をよくするために読め!

2.魔王
   -この国の人間は初回は大騒ぎでも二度目以降は興味なし

3.小飼弾のアルファギークに逢ってきた
   -SEって何?うちはSEっていう概念がない

■ブログ記事投稿数:12 (この振り返り記事含めて)
しかし、中身がある記事は半分しかない

■今月印象に残ったキーワード

・疑うでもなく信じるでもなく確かめる (参考:「あなただから」と言われる営業マンになりなさい!)

・常にスコープを意識する。スコープが変われば結果が変わる。 (参考:思考のボトルネックを解除しよう)
原子力発電はCO2をださない。
↓ (スコープを広げる)
ウランの精製、原発の建設、廃棄物の保管と発電の前後を考えていくと、全て燃料を石油に依存している。

・効率ではなく成果をあげるために仕事をしよう

■成長を実感したこと、変化したこと、新たな取り組み
・わかるからできるに変わった成功体験~わかりやすい文章を書く~
職場での学び化計画で大成功したのが、わかりやすい文章を書くこと。

今まで何回かMECE、仮説思考、地頭力、etc・・・とロジカルシンキングに興味を持ち、
勉強するものの期待した効果は出ずに終わっていた。
知識は増えたが、できるようにはならない。

そこで、論理力の範囲を「わかりやすい文章を書く」に絞って勉強してみたところ、
自分でもびっくりするくらいの成果が出た。
一年間仕事を頑張ったとしてもたどり着けない文章力のレベルに、一ヶ月で到達したのである。

背景には、お客様に提出する書類を子供でもわかるように書かないと、言葉の鞭が大量に飛んでくるという事情もあった。
そのピンチを自分の能力を伸ばすチャンスに変えたからこそうまくいったできごと。

一年前の自分なら、後は上司がうまくやるからいいや、もう嫌だと愚痴ばかり言っていたに違いない。

これで自信がついたので、わかるからできるに進化させられるものを優先的に選び、日々の仕事で使っていく!

・SEにお薦めするわかりやすい文章を書くための本
誰でも論理的にかけるロジカルライティング
SEの文章術
超文章法

・親指シフト
まだまだ遅いけど、家でも職場でも仕えるレベルになった。
実際にやっている人に会わない限り、やることはなかったはず。
人との出会いに感謝!

■来月の目標
・「休む」
九月末の時点で10月の休みが10月25日までないという状況。
そのため来月の目標は「休む」こと。
読書は一冊もしなくてもいいから、体調管理に最善の注意を!

・「休む」の次の目標は「コーチの基礎固め」。
焦らずじっくりコツコツと。


■今月一番印象に残った言葉

『どっちにしようか迷っているった言っても、本当は、自分の中で、答えは最初から見えていることが多いよね。
こっちにしたほうがいい、ってことは、たいてい、心の底ではわかってる。
だから、正確に言えばさ、どちらにしようか選んでるんじゃなくて、
決めてしまうことにビビってるだけなんだよね。
そういうときはさ、無理にでも決めちゃって、まわりに発表しちゃって、
後戻りできなくしちゃうしかないよね。いい意味で、自分で自分を追い込んじゃえ!っていうかさ。』

ある女性バーテンダーの話 (人生の地図)

■つぶやき
規模100人の会社のトップがコーチの場合、組織はベクトルをあわせて伸びることができるのか?
個人が成長して独立したがり、空洞化してしまわないだろうか?

---------------------------- 今月読んだ本 --------------------------
今月は割愛。来月は書く。

---------------------------- 今月の購入書籍 --------------------------
仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか
思考の整理学
コンサルタントの「質問力」
IT達人の仕事術
ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。
ドロップアウトのえらいひと
伝える力
使う力 知識とスキルを結果につなげる
考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
ロジカル・ライティング - 安田正
仕事力10倍アップのロジカル・シンキング入門 -超実践・ビジネス思考術-
技術者のための わかりやすく書く技術
思考のボトルネックを解除しよう!
ロジカル・コミュニケーション
問題解決プロフェッショナル「思考と技術」
ロジカル・プレゼンテーション―自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」
日経ビジネスアソシエ 文章&書類術
28歳からのリアル
絶妙な文章の技術
論理的な文章の書き方が面白ほど身につく本
コンサルタントの道具箱
『あなただから』と言われる営業マンになりなさい
もし、坂本龍馬が営業マンだったら
プロの学び力
千円札は拾うな
小飼弾のアルファギークに逢ってきた
読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~
勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan
弾言 成功する人生とバランスシートの使い方
ビジネスマンのための「読書力」養成講座
史上最強の人生戦略マニュアル
シークレットアドバイス-世界トップの企業家&CEOが明かした「私の働き方」
「仕組み」整理術―仕事がサクサク進んで自由時間が増えるシンプルな方法
お金を知る技術 殖やす技術 「貯蓄から投資」にだまされるな
お金の教養ーみんなが知らないお金の「仕組み」
サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践
ワインバーグの文章読本
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学
わかる!!わかる!!わかる!!一般常識
新装版 日本語の作文技術
あなたの話はなぜ「通じない」のか
さようなら!「あがり症」―10人から100人の前でラクに話せる
伝わる・揺さぶる!文章を書く
話すチカラをつくる本―この一冊で想いが通じる!
博多のススメ―大陸風が染みてる宵っぱり食都
博多学 (新潮文庫)
人は「話し方」で9割変わる
日本語練習帳
罪と罰〈上〉
罪と罰〈中〉
罪と罰〈下〉
学問のすすめ
ツァラトゥストラはこう言った 上
ツァラトゥストラはこう言った 下
ファウスト〈第1部〉
ファウスト〈第2部〉
ニーチェ入門
向上心―すじ金入りの自分論
座右の諭吉 才能より決断
このエントリーをはてなブックマークに追加

081004 第77回 コーチ協会福岡支部勉強会 「コーチングで組織は変わらない!?」

2008年10月05日 03:18 このエントリーをはてなブックマークに追加

主催:日本コーチ協会福岡支部

講師は某大手IT企業で、専任の企業内コーチとして働く斎藤 豊 氏。
ハ-ドウェアエンジニア -> システムエンジニア -> 企業内コーチという自分と似た経歴の持ち主。

受けた後得られた成果は「自分の企業内コーチとしてのあり方が90%固まった」こと。

■自分の企業内コーチとしてのあり方は、組織と個人のギャップを埋める仲介役。

<トップダウン>社長から組織としてのビジョンを引き出す。
組織がやって欲しいこと ↓ ↓ ↓ ↓
----------------------------------- ここのギャップを埋める役割をする -----
個人がやりたいこと → ↑ ↓ ← ↑ ↑
<ボトムアップ>現場からコーチングを広めて個人としての目標達成のサポートをする => 個人を伸ばす。

別の解としては、組織としてのビジョンは個人の望む目標と手段で達成する。

・必要なものは覚悟
幸い自分にはいつ首になっても構わない覚悟がある。
だから自分の会社の社長にも言いたいことをガンガン言える。
社長の弱い部分もはっきり伝えて、弱い部分を代わりに補うことを提案できる。
他の社員が言えない事を代わりに社長に伝えることもできる。

・そのために気をつけること
自分のことを社内に伝える。今はまだまだ独りよがり。わかってもらえているつもりになっている。
外ばかり見ない。外で得たものを武器に社内を見る。
現場感を磨く。

・30歳まで後一年
残りの一年は企業内コーチに力を注ぐのもいいかもしれない。
30から先はまだ白紙。
企業内で成果を上げながら30年後の大目標、5年・10年後の中間目標をコーチングを受けて明確化していけばいい。

■印象に残ったこと
・コーチング -> ティーチング -> コーチング のサンドイッチで伸ばす。
始めにコーチングで学ぶ土台を作るべし!

・コーアクティブ・コーチング( Co-Active Coaching )
いずれコーアクティブ・コーチングも学ぼう!組織内で使うにはこちらの方が自分に合う気がする。

■終わった後は・・・
1次会:もつ鍋
2次会:ジャズ喫茶
3次会:屋台のラーメン

と終わった後も7時間話しっぱなし。
楽しかったーっ!

色々刺激もらったし、自分も刺激与えることができたのでバッチリ。
後は明日も遅くまで予定詰まってるから体調大丈夫かな・・・。

PS.今日の記事は親指シフトで書きました。所要時間100分。
このエントリーをはてなブックマークに追加



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。