率直なフィードバックで成長を加速する・・・! 2010/02/04 - SEの皆さん、ビジネス書活かしてますか?

スポンサーサイト

--年--月--日 --:-- このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

率直なフィードバックで成長を加速する・・・! 2010/02/04

2010年02月05日 02:26 このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝、7時から2時間半、読書会仲間とカフェセッションをしました。

夜遅くまで仕事している今、朝早く起きるのはかなりきつい!
体も悲鳴を上げてます。
でも、きついからとそこで踏みとどまっていては何も変わりません。
きつい時だからこそ、一歩踏み込む勇気を持ちたいし、リスクも積極的に背負いたい。

疲れた体で参加しましたが、この2時間半は、学びと気づきにあふれる時間になりました。

こういう「成長の刺激をもらえる仲間」を持つってのは、本当にステキです。
年齢や立場は関係なく、正面からぶつかりあう。
・・・気持ちいいです。

今日のお相手は10歳以上年上で、知識も経験もステージも上。

こういう相手と接するときに心がけているのが「率直なフィードバック」

アドバイスをしようとか、いい事を言おうとか、そんな邪念は捨てて、ただただ感じた事実を相手に投げ返します。

自分で考えて行動もできる人にアドバイスなんて不要。
そもそも、知識も経験も上の人に言えることなんて無い。

自分が言えて、相手に喜んでもらえるのが、「率直なフィードバック」のみ。

・今年は去年と大きく変わってますよね。
 去年までのイメージからは想像できないくらい積極的な行動をしているように見えます。
・ビジョンが伝わってきませんでした。そのため、何を協力すればいいのかピンと来ない。
・あなたの支配力が強すぎるから無理だと思いますよ


正直失礼な発言もあり躊躇することもあります。
それでも勇気をだしてぶっちゃけます。
ぶっちゃけると、相手は勝手に自分の中にある問題意識に気づいて、行動までしてくれます。
相手に勝る専門知識をもっていなくても、相手に貢献できる便利な技です。
知識0でもお役に立てます。

・あなたはアドバイスするのは好きですか?
・アドバイスされるのは好きですか?
・アドバイスされて嫌な気持ちになることはありませんか?
・アドバイスの効果に疑問を感じたらフィードバックはいかがですか?

■成長につなげる率直なフィードバックの3条件
・信頼関係がある
会ったばかりの人に率直なフィードバックをしても、ありがた迷惑で終わります。
相手の心の準備ができてから。

・対等な立場である
上から目線、下から目線では効果が薄い。
対等な立場でフィードバックするのが一番効果的です。
相手に99個負けてもいい、1個だけでも勝るものがあればいい。
その1個の土俵に乗った状態で対等に相手と接することができればいい。

・アドバイスを我慢する
アドバイスしようと思った時点で、率直ではなくなります。
感じたことをそのまま相手に伝えましょう。
相手がアドバイスを求めてきた時だけアドバイスしましょう。

■コーチングのフィードバックとは?
クライアントから受けた印象を事実としてそのまま相手に返すこと。
その情報をもとにどうするかはクライアント次第。
更に考えたり、気づきが得られることがある。
5つの質問より、1つのフィードバックが効果的。

ポイントは 具体的に 事実を シンプルに 伝える。
このとき、個人的な感情・価値観の押し付けはしない。
例)
~のように見えました。
~という気持ちが伝わってきました。
~と言っているように聞こえました。
~と思った、~と感じた、よりは上記のような客観的な事実として伝わる言い回しが望ましい。

■リクエスト、アドバイス、フィードバックの違い
・リクエスト(相手に抵抗がうまれやすい)
明るくしろよ

・アドバイス(相手に抵抗がうまれやすい)
明るくした方がいい

・フィードバック(相手に抵抗がうまれにくい)
あなたを暗いと感じる
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itbook.blog51.fc2.com/tb.php/219-de8713ae
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。