情報は一冊のノートにまとめなさい - SEの皆さん、ビジネス書活かしてますか?

スポンサーサイト

--年--月--日 --:-- このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

情報は一冊のノートにまとめなさい

2008年05月26日 18:28 このエントリーをはてなブックマークに追加

夢のような楽しいファシリテーションフォーラム2008も終了し、月曜日の今日は現実に戻り朝から浜松へ新幹線移動=>そのまま仕事へ。

博多から浜松までは新幹線で4時間かかりますが、その時の楽しみが読書。
4時間あれば本が3,4冊読めます。

今日読んだ本の中で一番使えると思ったのが情報は一冊のノートにまとめなさい
20080526182855


何故なら、最近自分のメモ術見直しており、この本にはそれに役立つネタがたくさん詰まっていました。

読書合宿をするときにノートが大活躍し、それからは常に胸ポケット常備の付箋+椅子に座っているときはノートメインでメモしています。
でも、家でパソコンが目の前にあるとパソコンに書くこともあるしで情報の統一が悩みの種でした。
それでもそれぞれの長所を活かそうと頭の中で方向性は決まり、
こう実現しようかなーと考えていたら、まさしくその方向性に近い事がこの本に書いてある!
著者の奥野さんありがとう!早速自分メモ術に取り入れさせて頂きます!

■この本のメモ術概要
・携帯に便利なA6ノートにメモ。いつでもどこでも書き込める。
・時系列でメモを書く
・内容ごとに分類しない(勉強、仕事、プライベート・・・もすべて一冊&時系列で書く)
・検索用にパソコンのテキストでノートのインデックスを管理
・気になった記事や写真、業務中の印刷物などとにかくノートにすべて貼る
・足りないリフィルは自分で作る(カレンダーや収納ポケット等)
・シンプル!
・著者の方法をそのまま真似するのではなく自己流にアレンジして使え!

便利な道具も書いてあってそれだけでも役に立ちます。

おかげで自分のノート術が2世代分くらい進化しそうです。
更に驚いたのは年齢が自分より二つ下。
この年齢でここまでのものが書けるなんて・・・ゴゴゴゴッ!とやる気ももらいました。

一度著者にあって話を聞いてみたいですね。

少し感想を付け加えておくと、やっていることはシンプルだけど今までメモを一切とっていなかった人がこれをやって続くかというと・・・厳しいと思います。
メモをとっているけど、いまいちすっきりしない。もっといい方法無いだろうか?
こんな人にほどこの本はオススメです。

以上デジタル派筆頭の職業についているが、最近アナログの良さを実感しているshigeokaでした。


そして現実に戻った仕事の方は・・・疲れててはかどりません。
疲れたまま家に帰ってゆっくりしていたらいつの間にかベッドに倒れこみ、気づいたら朝3時半。
7時間は眠ったので、今日はこのまま起きてブログ更新やメール返信の時間に当てます。

ちなみに今週は福岡への引越しがある(3ヶ月間の浜松出張期間終了)ので、家では荷造りに終われそうです。
引越しの前日は徹夜コースになりそうな気が・・・。
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itbook.blog51.fc2.com/tb.php/29-b909aa40
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。