5/25 ファシリテタティブなコーチング!【FF2008】 - SEの皆さん、ビジネス書活かしてますか?

スポンサーサイト

--年--月--日 --:-- このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

5/25 ファシリテタティブなコーチング!【FF2008】

2008年06月02日 09:17 このエントリーをはてなブックマークに追加

「ファシリテタティブなコーチング!』」の気づき・感想

■講師
SAMEJIさん
カズさん

■ファシリタティブなコーチングの目的
コーチとファシリテーターの相互理解。共通語を見つける。
■前提知識
コーチとファシリテーターのどちらも知っていること

■全体の流れ
<>挨拶&二人でお互いの紹介&説明
<>グループ分け
話題の本間直人さんと一緒のグループに!=>心の中でガッツポーズ。
<>グループワーク1「企業はコーチとファシリテーターのどちらが先に必要か?」
<>グループワーク2「コーチ/ファシリテーターが最速(一週間)でファシリテーター/コーチになる方法は?」
<>今日の振り返り

■詳細
--------------------------------------------------------------------------------
<>挨拶&二人でお互いの紹介
・二人で漫才っぽく。
=>自分が講師の立場だったらで考えると、つい最初から真面目に固く説明から入ってしまう。
参考にして参加者の緊張をとかないと。
あれ…でもウケはいまいちだったような…。
・昨日の分科会で説明を受けた円グラフを早速取り入れて使っている
=>見習う。

--------------------------------------------------------------------------------
<>説明
・二人の立場がまったく逆だから面白い。
・ホワイトボードの後ろにカンペあり
=>笑いも取れて一石二鳥
・ファシリテーションの軽い説明
・野口さんの話し方
声質としては少し掠れた感じがするが口調のメリハリが聞いているため、聞きとりやすい。
・感想
初めからホワイトボードと紙に説明が書いてあるのは参加者の共通認識を整えて、
どちらか一方しか知らない人の不安を取り除くためか。
=>見習う。
ただし、この時コーチングの説明がファシリテーションの説明に比べて弱く感じた。
=>初めに2分くらい二人でコーチングの説明を交えながらロールプレイをすると参加者がイメージを持ちやすいと思った。
=>それともコーチングについてまったく知らない人はいない(?)のでそこまでしなくてもよい?
(参加者のコーチングの知識レベルがよくわからなかった)

--------------------------------------------------------------------------------
<>グループ分け
・SAMEJIさんの強い要望でアイスブレイクを含めたグループ分け
=>コーチとファシリテーターのどちらの要素が強いかで並び替えて、グループを決めたのは人材が分散されていてよい。

--------------------------------------------------------------------------------
<>グループワーク1「企業はコーチとファシリテーターのどちらが先に必要か?」
・特徴
今回のグループワークは各グループの個性に任せるため、基本的にサポートしない。
=>スキル重視の職業病か、あらかじめ決められた基本レールに乗らないと不安になる。
事前に知識を説明する=>グループワーク中も親切丁寧にサポート=>これが当たり前という思い込みがある。
冷静に考えるとサポートなしの方が自分たちで考えるから勉強になると思う。
そもそも今回は考える場・知識を活かす場であって、知識をつける場ではない。

・コーチは守秘義務があるがファシリテーターはプロセスは公開するべきでは
~と話しをしている時に隣の本間さんから聞こえる呟きが気になる。

・自分のグループのワーク結果
「コーチ」が先に必要。
上司がファシリテーションで決まった事を承認せずに後で振り出しに戻したらどうするんだ!
先にファシリテーション結果を受け止めやすい土壌を作るべく、決定権があるものへのコーチングが先ではないか?

・グループ内ワークでよかったプロセス
早い段階で対象を中小企業,製造業,上司(マネージャー)と対象を絞ったこと。=>おかげで議論しやすくなった。
参加者のファシリテーションを先に導入した時の体験談があったため、「コーチ」の結論が得られた。
=>参加者の体験談を元に、納得する結果が得られた。=>体験談は大きい。要チェック。

・他のグループ
4グループは結論は出ず。どちらが先かは対象者(企業)の状況と目的による。
1グループは「コーチ」との結論が出た。
=>ますは社長にコーチングして、何をしたいのかの目的を明確にしてもらう。それからコーチングとファシリテーションのどちらが必要か考える。

・感想と反省
グループワークの結果を代表として発表。
=>2分間の時間があったが、40秒も余る。=>発表することに夢中で時間意識が無かった。
=>自分の中にスピーチ時の時間間隔を作っていく。

今後徐々に改善していくポイント
=>ゆっくり聞き取りやすい話し方の意識なし。
=>全体を見渡しながら話せない(聞いている人の表情を見ていない)
=>折角の体験談を説明時にうまく利用できなかった。

・自分が講師になったときに望む話し方は?
普段は聞き取りやすい話し方を意識。
注目して欲しいポイントは早口になってもいいから熱く身振り手振りも交えながら話す。
=>今までは常に冷静な話し方がいいと思い込んでいたが、聞く立場、話す立場、自分の特徴を考慮すると
このほうがよさそうだ。
冷静で抑揚のない話し方は聞いていてつまらないし、暗い気分になる。
明るく声の大きい人の方が参加していて楽しいし、知識も頭に残る。
今まで自分の早口を直そうという意識が強すぎたが、メリハリがある人の口調は早口でも聞き取りやすいのを実感したため、
まずは今の自分が一番たどりやすい目的地を目指し、その後次の自分の理想の話し方を探す事にする。
--------------------------------------------------------------------------------

<>グループワーク2「コーチ/ファシリテーターが最速(一週間)でファシリテーター/コーチになる方法は?」
・グループ内でのファシリテーションの流れ
7分 (1)コーチとファシリテーションのキーワードを書く
9分 (2)共通点、非共通点の分別して
コーチ/ファシリテーターがファシリテーター/コーチになるために必要なキーワード(スキル)を見つけ出す
4分 (3)まとめ => コーチ→ファシリテーターの順番の方がやりやすいという結論

・20分と聞いたとき最初と10分経過した時点でも無理と思ったが、終わってみると意外と満足した結果が得られるのは不思議。
・コーチの長所を伸ばしてファシリのスキルを埋めるというテーマで考えると面白いか?
・グループによって結論とプロセスが違うので面白い。
・他のグループのキーワードをノートに書き出しておき、講師がまとめをする前に
まとめを考えておくとよいトレーニングになりそう。

--------------------------------------------------------------------------------
<>今日の振り返り
・最後に模造紙の写真撮影ができる
これがあるととてもありがたい。家で振り返るときに使いたいので。

--------------------------------------------------------------------------------
■最後に参加目的を意識した振り返り
<>今回の参加目的
「5年後の未来を考えた場合に、コーチングとファシリテーションの勉強比率をどうするか?」
参加前はどちらもやらなければという焦りが強くある。

<>参加した結果変わったこと
・コーチングとファシリテーションとの付き合い方の考えが変わった
今まではどちらもやらなければという焦りが強くあった。

コーチングが先だと再認識。
コーチ資格をとるまでの8ヶ月間はコーチングに重点を置く。
ファシリテーションはしばらく勉強欲を高めるための趣味としてとっておく。
=>定例会に楽しみながら参加する。
コーチングに慣れたら徐々にファシリテーション比率を高めていき、二つをブレンドしてお互いの長所を活かして活動できればよい。
・今後3年間のコーチング対象の明確化
あれもやりたい、これもやりたいと対象を絞りきれていなかった。

社内教育
セルフコーチング(内省力の強化)
思わず相手の人が話したくなるような聴き方を身につける
自分と同年代・またはより若い人へのパーソナルコーチング(努力はしているけど、伸びない人を支援する)
=>未来の同志を育てる
エグゼクティブコーチングをするには人生経験が足りないため、経験を積んでから3~5年後に再考しよう。

<>感想
6/7から始まるコーチ資格取得講座前に、悩んでいたコーチングとファシリテーションとの付き合い方を考えるいいきっかけになった。
今回受けていなかったら、まだ迷ったままだったに違いない。
出張先の静岡からの参加は疲れたけど、受けてよかったと心から思えた。

^^^210
|||ファシリテーション,コーチング
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itbook.blog51.fc2.com/tb.php/31-1cc5a8d2
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。