ジーニアスコード二日目 鍵は得られた。後は30日間継続して開けるのみ。 - SEの皆さん、ビジネス書活かしてますか?

スポンサーサイト

--年--月--日 --:-- このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジーニアスコード二日目 鍵は得られた。後は30日間継続して開けるのみ。

2008年06月16日 00:27 このエントリーをはてなブックマークに追加

二日目受けての感想。講座の内容とかスキルについては気が向いたら翌日以降に。
自分のイメージそのままでドバーッと書きます。今日はイメージの深みにはまりすぎて論理的能力が落ちてます。

■コーチングとイメージで比較する
・コーチング
コーチの言葉を借りて徐々に自分の深層意識に降りて気づきを得る

・ジーニアスコード(というよりイメージストリーミング?)
短時間助走した後、一気に自分の深層意識にドボーンとダイブして、大きな獲物をつかみ上に一気に引き上げる。
引き上げたものは自分の問いに対する答えなんだけどそのままでは意味がわからない。
解釈のプロセスを入れて、徐々に自分が理解できる言葉に変えていき答えに気づく。

■視点を変えて信仰とジーニアスコードを比較
・信仰
信仰により無限の力を持つ神の力を借りる

・ジーニアスコード
自分の中に眠る無限の力を持つ深層意識から力を引き出す
外面は内面を映し出す鏡。内面が変われば外面も変わる。


■ジーニアスコードを自分なりに解釈して面白いと思ったこと
自分専用のイメージ言語を使って潜在意識から答えを引き上げる。

引き上げた答えを徐々に解析する。

答えに気づく。無限の力を持った自分の深層意識から得たものだから結果に面白いくらい納得する!

解釈のプロセス自体で既に脳の深層意識への刷り込みが完了しているため、
悩みに対する答えが行動に移しやすい状態になる。
(自分に必要な能力が入手しやすくなっている)
(答えを信じてその通りに決断できるようになっている)

後はほんの少し意識の力を使って後押ししてやればその答えが現実のもの、自分にとって当たり前のものになっている。

■イメージの持つ力
・人は全てを言葉には変換できない
普段意識して使っているのは日本語。
でもこの日本語は自分の中ではイメージとして存在しているものを人に伝わりやすい言葉に変換した結果。
変換時点で大幅なタイムロスが発生。更にイメージは全てを言葉にすることも出来ず情報が抜け落ちてしまう。
例えば・・・
あなたは、自分の家を思い浮かべることができますか?
では、その思い浮かべたイメージを言葉にして人に話し、自分と全く同じイメージを相手に持たせることが出来ますか?
イメージをそのまま相手に渡せない限りそれは無理でしょう。必ず認識の違いが出てきます。

・では自分に使ってみては?
処理能力が落ちる言葉は使わなくてもいいのでは?イメージだけで対話できる。
自分の強みである内省。ジーニアスコードで学んだことを取り入れてみる。
今までイメージで浮かんでいた事があっても言葉に変えて自分へ問いかけして考えていた。
=>イメージをそのまま使って考えてみよう!
早い。そして一度に大量の情報が扱える。場面の転換もすぐ出来る。
・・・が数秒で力尽きる。まだ思考がイメージで対話するのに慣れていないので溢れてしまう。
最優先で30日間トレーニング続けてイメージ力を鍛えるしかないですね。
自由に使えるようになったら自分の情報処理能力が格段に上がるのが見えます。

■天才の力を借りる - 思考は現実化する -
・天才の力を借りれるようになった
今日トレーニングで借りたのは小泉元総理。
トレーニング前の状態では特定の人物ではなく架空の人物の力を借りるはずだったのに、
借りている最中に小泉元総理で定着化してしまった。
=>自分の深層意識を信じて30日間力を借りることに決めた。何か意味があるはず。
ダイレクトラーニング用に一冊本も購入。しかしこれだけでは足りないので明日また追加で買う必要あり。
フォトリーディングの読み方(まだ受講してないけどジーニアスコードを受講したらわかった気持ちになった)で10分程度見る。
20080616002731



■残念なこと
実際に体験した人でないとまずわからない。
自分の感想・体験を話しても胡散臭いと思う人も多いと思う。
今の自分がイメージとしてしかわかっていなくて、それを解釈して人に伝えられる言語に変換できていないだけかも知れません。

■感想
ジーニアスコードの費用は10万。しかし、十分元は取れた。
自分の学習法にも大きな変化、いや変化にとどまらず改革と言うべき衝撃が訪れた。
本当に自分のものにするためには脳科学や心理学の方をもっと深く学び合理的な手法だと顕在意識が納得する必要があるが、
今の熱い気持ちさえ失わなければ勝手に本見て将来の自分は勉強すると確信できるから気が楽。
半年以内に再受講してまた熱い気持ちを味わいたい。

そしてコーチの立場として思うのが、ジーニアスコードを受講した人をクライアントに持ってみたい!
潜在意識に自分で飛び込む力を持った人のコーチができれば、とても刺激的で面白い経験になりそう。
その人が潜在意識に潜るサポートを少しして、後は思う存分話を聞くだけ。これだけでとてもいい勉強になりそう。
きっと自分では想像も出来ないような話が聞けるんだろうなぁ・・・。

■今日の人との出会い、本との出会い
・残業ゼロの仕事力
20080616002729

ハイシンクタンクの時のパートナーに薦められた本。
企業のトップとしてこの本の内容を実践した時の話しが聞けてとても参考になりました。
パートナーの方の話もとても分かりやすくイメージをすぐ持てたのも大きい。
この本の中で一番印象に残ったのが残業に罪悪感を持たせること。
日本に根付いた残業を美徳とする考えを打ち破り、悪いことだと認識させる。
これができればスムーズに改革出来るんだろうけど、そんなに簡単に変われたら人は苦労しない。
トップの人が残業が悪だと押し付けても社員は反発するだけ。
それでもとにかく導入する強い意思と忍耐があったからこそ残業ゼロが成功して大きな増収につながった。

この本の内容は自分の周りにも広めて実践して欲しいことだけど今の自分の立場だと強制的にやる方法はできない。
となれば、自分の体験談とかで周りの人の意欲を引き出した後、相手が興味を持って聞いてきたその時にそっと本の紹介をしてみるしかないか。
そのときはまず、この本か「千円札を拾うな」(半年前から気になっていて今日ようやく購入して読みました)のどちらかを一週間くらいで読んでみてと薦める。
20080616002730

その後更に目を輝かせて本の内容を語ってきたら、「最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術」を薦めたい。
これを社長や直属の上司あたりにできれば会社も大きく変わり自分がもっと働きやすくなるんだろうけどなぁ・・・。
あせらずじっくりタイミングを待ちます。人を動かさずに自分だけ動いてもしょうがない。

・ザ・マスター・キー
20080616002716

先生に今日薦められた本。(先生と言っても講師ではないです。)
一気に読もうと思ったら全24章を1週づつ読んでと書いてあったので、今回は1章だけ読む。
1章は内面の持つ無限の力について書いてあり、ジーニアスコードの復習にもなる面白い本だった。
たぶんその先の章も自分の内面にフォーカスを当てた本だと思うので、ジーニアスコードの復習もかねて毎週読み進めたいと思います。
薦められた本にはもう一冊「人生の意味」という本があったけど、お店には置いてなくて買えませんでした。

・ジーニアスコード講座中講師に薦められた本 × 9冊?
は全く読んでません。軽く探して一冊も見つからなかったので今日はあきらめました。
明後日までには全部探して読みたい。明後日過ぎるとフォトリーディングで新しい読みたい本が出てくると思うので読めなくなりそう。
まずは本を売っている店を探さないと。東京の大きな本屋はどこにあるんだろう?

明日の予定。
午前中 - 読書のすすめ - 買った本を早速読む。
夕方 - 浅草探索 ~ 浅草で夕食。

^^^90
|||ジーニアスコード、コーチング、人
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itbook.blog51.fc2.com/tb.php/39-e93c5758
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。