20080616 読書のすすめ、そして浅草へ - SEの皆さん、ビジネス書活かしてますか?

スポンサーサイト

--年--月--日 --:-- このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

20080616 読書のすすめ、そして浅草へ

2008年06月17日 10:56 このエントリーをはてなブックマークに追加

20080616 読書のすすめ、そして浅草へ

今日は朝から江戸川区篠崎にある読書のすすめへ。
この書店の店長は以前記事を書いた本調子の著者の一人。
本を愛してやまない人です。

読書のすすめ


お店に入ったらびっくり。
予想していたよりはるかに小さい・・・!
何故かお酒や調味料も店においてある。
肌着とか生活用品まで・・・。
本当に本屋・・・?ポカーンとなってしまいました。

驚いてばかりではいられないので、早速本を物色。
写真とるの忘れましたが、本の紹介POPが面白い。
このお店にきたらこれだけは買ってくださいとか。
買って後悔しても訴えないでくださいとか、
お店の中でのベストセラーとか
一味違った本の紹介がキラリと光り、それだけで楽しめます。
本棚に並んでいる本はすべてがオススメ書籍といった感じで、
これ面白そう、あれも見たい、あ~これもだっ!とひとつの棚だけでも読みたい本が次々現れます。
もしこのお店の2階に喫茶店でもあれば一日ずーっと本読んでたと思います。

本を抱えてどれ買おうか悩んでいたら店長さんに声をかけられてお話しすることが出来ました。
本調子で見たイラストのとおり、笑顔が似合う素敵な方でした。
店長さんに直接薦められた本はありがたーく購入。

全部で2万8000円でした。(そのうち半分は読書普及協会講演会のDVDの値段ですが)

読スメ 購入1



お店を出た後はこのワクワクした気持ちのまま勢いで本を読むべし!
と駅の近くのマックで店長さんが書いた本5冊を読む。
・渡したい本がある君のために
・まず、人を喜ばせてみよう
・「ブッダを読む人」は、なぜ繁盛してしまうのか
・まず自分の力で歩いてみなよ! 道は必ず開けるのさ
・強運道 -御縁と人徳の法則-

■本を読んで気に入ったキーワード
・人を喜ばせるためには、笑わせる・泣かせる・びっくりさせる
・愛語を求めるのではなく、周りの人に言ってあげられる人になる
-- そして人にはありがとうと言われる人に --
あなたといると心が明るくなる
あなたといると顔晴れる
あなたのすすめる本は、無条件に読みたくなる

・自分には何かが足りないと思う?それは何かと比較していないか?
自分を磨くために本を読む => 何でも吸収できる

・自分の成幸のため本を読む ではなく 人に教えるために読もう!
・自分にはものすごい力があると信じる
・強い人、でかい人、本の著者をすごいと言って頼らない
その人たちの力を自分の中に取り込む!
・誰かに遠慮する暇があったら前に進もう!
・強運になるために
笑顔
自信
ありがとう

本を読んでびっくりしたこと。
強運道のカバーを外したら・・・

強運道カバー裏


こ、これにサイン書いてもらいたい!


という訳で一歩踏み出してまた読書のすすめへ。
この時本の教えに従い、ちょっとアホになりお店へはスキップで入店。
(何故スキップかは、 "渡したい本がある君のために" を読んだ人にだけわかります。)

20080617105614



そして更に新しい本も購入しました。今度は1万五千円分。
読スメ 購入2

読スメ 購入3


本を買いたくて本屋に来ることはありましたが、本屋に行きたくてついでに本を買うのは初めてでした。
福岡からは遠いけどまた行きます。

----------------------------------------------------------------------
お店を出た後、以下の2冊の本を見て(フォトリーディングもどきで見ただけ)浅草へ
・自己催眠
・感動する脳

浅草でお会いしたのが、5月にファシリテーションフォーラムでお会いしたFAJ東京の会員の方。
有難い事に、浅草の観光案内もしていただけました。

浅草1

浅草2

浅草3

実は浅草は地味な町だと思っていたが、予想以上に面白かった。
一番面白かったのは、お店が閉まった後のシャッター。
浅草 シャッター


シャッターには浅草のイメージに合うほんわかする絵が描いてあり、昼と夜(お店が閉まった後)で2度楽しめる。
これはここ数年の事らしいので、浅草の町の人たちが一生懸命考えて訪れた人がもっと楽しめる
素敵な町に変えていったんだろうなと思います。
新宿とか原宿とか街中は一度で十分と思ったけど、浅草はもう一度来たいと思いました。

夕食は浅草での有名店「大黒屋」で天丼。

その後は日本のブランデー発祥の店「神谷バー」へ。
このお店へ来たら"デンキブラン"ははずせません。
デンキブラン

はずせないけど、お酒弱いので一口で挫折。
御とそのような薬草系の味でした。
お店はご年配の方が多く、浅草の町の人の憩いの場になっているのだろうと感じました。


6/17の予定。
6/16のブログ更新
カフェなどで読書
啓文堂書店渋谷店で勝間さんのサイン会。

東京で人に紹介された本・気になって買った本はすべて東京で読みつくそうと思ったんですが厳しいですね。
フォトリーディングの講習翌日かまたは日曜日に福岡で20冊くらいまとめ読みするしかないかなぁ。
潜在意識君後はよろしく。

読書のすすめ サイン



^^^90
|||本


このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itbook.blog51.fc2.com/tb.php/40-dbd0b69b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。