20080618~0619 フォトリーディング集中講座。 - SEの皆さん、ビジネス書活かしてますか?

スポンサーサイト

--年--月--日 --:-- このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

20080618~0619 フォトリーディング集中講座。

2008年06月20日 03:26 このエントリーをはてなブックマークに追加

6月18日、19日は望月さん・井元さんのフォトリーディング集中講座を受けてきました。

講座の詳細説明はしませんが、自分の気づきなどを中心に書きます。

■参加目的
一番の目的は、将来のために自分の学ぶ力を底上げし自分に合う勉強法を見つけること。
表面的な目的としては本から効率よく情報を得て自分の知恵に変えること。
フォトリーディングのスキルや概念を応用して、道を歩いているとき・人と会話しているとき・インターネットしている時など、
常に学ぶべきものが自然と脳に入ってくるような状態になっていくのが理想。

■予期せぬ読書普及協会の集い
本調子の中で紹介されていた読書普及協会創設メンバーのアンディさんとお会いすることが出来ました。
アンディさんには飲み会の席で過去の面白くて刺激的な話も聞くことができました。

3人暗くて怪しい感じで写ってます。
読書普及協会仲間 アンディさん&望月さん


他にも北海道の方で読書普及協会の会員の方とお話しできました。
これも、月曜日に読書のすすめに行った事によるいい影響だと思います。
当初の予定では金曜日に行く予定にしてたけど、急遽月曜日に行ってよかった!
これもジーニアスコードで自分の潜在意識を信じる力が芽生えたから?

■宝地図
望月さんといえば夢を実現する宝地図で有名ですね。(もちろんサイン貰いました。)
宝地図


そして一緒に受けた参加者の中で作成した宝地図をもっている方がいて、見せてもらうことが出来ました。
この方とは後で夢を語り合ったりと大変有意義な時間が過ごせました。
この時点でフォトリーディング講座後に宝地図を書く意欲を持つという裏目標は達成できたも同然。
相変わらず学習や人の出会いに関しては次々と引き寄せてます。
職場とかでこういう事を言うと胡散臭がられますが、
勉強熱心で今回の講座に参加されているような人たちの中には体験済みの方が多々いることは事実です。

■一番初めのとても大きな気づき「目的を持って本を読む。それが心から腹に落ちた」
まずは、この文章を見ている人にやってもらいたい事があります。(体験済の人は不要です)

1,目をつぶる
2.今の部屋に赤・ピンク・オレンジ色のものが何個あるか思い出しながら数える
3.これ以上思い出せないと思ったら、思い出せた数をつぶやいて目を開ける


準備はよろしいですか?


では初めてください。











目を開けたらどうでしょうか?
赤・ピンク・オレンジ色のものが目に飛び込んでこなかったでしょうか?

これは本にも応用できて、本から何を得たいかという目的を明確にして読むだけで本からの吸収量は変わってきます。
意識したキーワードが勝手に目に飛び込んでくるようになります。

これを講座中に体感した時、半年間胸に引っかかっていたものが無くなりました。
速読の勉強はしていたので、目的を明確にして読む・時間を決めて読むのは実践していましたが、心の奥底で効果に?があった。
それがたった1分の体験をするだけで消え去る。
まさしくこれは自分がセミナーや講座に求めていたもの。
百聞は一見にしかず。
頭でわかっていても実感が湧いてないものをどれだけ解決できるか?
理論・知識は本でどうにかなっても、実感は体験しないとわからない。
自分一人で気づくには膨大は時間がかかる。

初日の早い段階でこれが体験できただけでも自分にとっては大きな気づきでした。

更に不思議な話を一つ。
その体験をする直前に3分間リーディングとして持ってきた本の内容を好きなページから読めるだけ読むというのがありました。
自分が読んだのは「考具」。

考具


たまたま読んだ箇所に書いてあったのはカラーバス。
これは色につられてヒントになるアイテムが集まってくること。
例えば今日のラッキーカラーは赤だと決めて出勤すると赤色のアイテムが目に飛び込んでくる。
赤・ピンク・オレンジ色を意識するとその色のアイテムが目に飛び込んでくる。

つまり、事前にその直後に体験することの予習をしていた。
予習したことを直後に実践で体験できて大きな気づきが得られたので、一生忘れない強い記憶になった。
不思議だけど面白いですね。


■その場で本質を掴み、自分に合った方法に変えて実践。
一ヶ月前の自分だと、そのまま真似してストレスを感じていたはず。

・ミカン集中法
フォトリーディングで集中する時に使う集中法。
ただし、自分は柑橘系を食べると汗がでるという不思議な体質なのでミカンは相性が悪い。
本質:特定の位置に意識を向けて集中すること => ミカンでなくてもよい!
と考え、視覚にとどまらず味覚や嗅覚も自分にとってイメージしやすい「ウメボシ集中法」を考えてやってみた。
=>これでも集中できる!
他にも集中力を高めるレモンハーブをイメージして意識すると、更に集中力がアップする効果が得られたりすると面白そうですね。

・ページのめくり方
右手で支えて、左手でページの上部を掴んでめくる。=>左手だと慣れていないのでめくりにくい。
本質:なるべく手でページを隠さずにめくれればよい(視覚の邪魔をしないようにめくる)
=> 利き腕の右手でページの下を掴んでめくる
=> または左手の指でパラパラとページをめくるときの感覚で1枚ずつページを浮かせてめくる。

疑問:左手でめくる事によって、右脳を刺激するから活性化したときにイメージしやすいとかあるのだろうか?
確認結果:そんな事は無いので安心して自分のやり方でめくれる。

将来:特訓すると基本のめくり方の方が早くなるとわかった場合基本のめくり方にする。
今はとにかくストレスをためない読み方をするのが重要。


■その他の気づき(多すぎるので特に印象に残ったもの)
・人生はオセロゲーム
朝:今日起こる予定の素晴らしいことをイメージ
夜:今日よかった3つの事を寝る前にイメージ
これをすれば間の昼は必ず白にしかなりようがない!
・小説にもフォトリーディングが使える。
普通に読むよりイメージが膨らみ、深く楽しみながら読むことができる。
・指を当てながら文章を読むと、目の動きがスムーズになり読むスピードが上がる
自分が普段読むより早いスピードで動かすとよい。
・マインドマップ
最初はキーワードのみ、後から線を引いて色を付け加えていったほうが早く書ける
・イメージストリーミングの効用がよりわかった
ジーニアスコード受けたとき、一部???となっていた部分がすっきりした。
・人間フォトリーディング
フォトリーディングの応用範囲は広いんだなぁ・・・。

■フォトリーディングを受けた結果どう感じたか?
・読む速度自体はほとんど変わらず。これは元々速読の勉強していたのもあります。
ただし、マインドマップと組み合わせることで今までの十倍本の内容を自分のモノにすることができるようになった。


■3倍美味しかったフォトリーディング講座
・ジーニアスコードの復習ができ、更に1回のイメージストリーミングをしたので、
今日の分のジーニアスコードの宿題が1回分得した。

・マインドマップの予習が出来た
フォトリーディングでザ・マインドマップの本を読み、かつマインドマップを数回書いたことでイメージがつかめた。
井元さんの綺麗なマインドマップに加え、隣にマインドマップ経験者がいたのも有難かった。
いい参考になった。
これで土曜に受けるマインドマップ講座の予習はいらなくなった。後は質問を何個か作っておくことくらい。

■今後思い描く理想の速読
・フォトリーディング + 速読(昔ながらの目の筋力トレーニング系) + 多読
潜在意識に取り込む部分はフォトリーディングで問題ないが、顕在意識で見る場合は(スーパーリーディング、高速リーディングなど)昔ながらの速読トレーニングをしておく(または速読の読み方で読む)ほうがより速く本が読めると感じた。
フォトリーディングが自分のモノになったら以前断念した日本速読協会のトレーニングや講座受講をしてより効果的に読めるようにしたい。
後は多読系のスキルで本当に必要な部分をもっと絞り込んで複数の本から効果的に情報を得られるようになるとよさそう。
課題は半年間慣れ親しんできたレバレッジメモとの付き合い方。

■これから速読を学びたい人、速読に興味がある人に送るメッセージ
フォトリーディングは本を読んだだけでは出来ません。
体験型速読法なので、講座にでないと身につかないと思います。
ただし、値段が高いので気軽にはオススメできません。
私は10万でも安いくらいの元がとれたのを実感しています。
正直、半年前では10万なんてとても払う気になれませんでした。
しかし、今はどうしても本を速く読む必要がある状況に自分をわざと追い込んだので、
10万払っても全然惜しくありません。
その強い危機感と目的意識があったから、10万で十分元が取れたと思います。

更によかったことは独自に速読法の勉強をしていたこと。
この準備期間と速読に対する悩みがあったからこそ、大きな気づきが得られてこれからの成長加速度が大きくなったと思います。

これだけフォトリーディングを持ち上げておいてなんですが、
初心者の方に速読でオススメする本は「王様の速読術」です。
少ない投資で大きなリターンを得る場合この本をオススメします。
王様の速読術

合わせてレバレッジ・リーディングの多読について学ぶとより効果的です。
レバレッジ・リーディング

効果は自分で体験済み。
半年間で60冊の本を読みました。

■今後のフォトリーディング目標(講座の最後に書いたもの)
・一日一冊フォトリーディング、ただし復習・活性化はしなくてもよい
->完璧主義の自分の敷居を下げるために簡単にできるフォトリーディングだけでもOKとする
※ここで言うフォトリーディングは1秒間に1ページめくるだけのフォトリーディング。
・一日20冊フォトリーディングに挑戦
->ジーニアスコードの講師である伊藤先生に宣言したので。
->量が質に変わり大きな気づきが得られるはず
->達成できたら、半年以内に1日50冊チャレンジ!
・一日たった!朝15分だけ早起き
->15分あれば短時間のイメージストリーミング3回 または フォトリーディング1回は出来る
・読んだ本のたった!5冊中の1冊だけブログで紹介。


---- 明日の予定
・通勤ラッシュの満員電車を初体験
・一人で国会議事堂見学
・昼寝?(勢いでブログ書いてたら四時になりました・・・)
・埼玉の某コナミスポーツへ

^^^150
|||フォトリーディング、速読、本
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itbook.blog51.fc2.com/tb.php/42-eb3b33db
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。