さあ、才能に目覚めよう - SEの皆さん、ビジネス書活かしてますか?

スポンサーサイト

--年--月--日 --:-- このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

さあ、才能に目覚めよう

2008年06月29日 22:07 このエントリーをはてなブックマークに追加

今回紹介する本はさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす


■問い
<>どちらの人の方が市場価値が高いと思いますか?
A.ホームラン10本、打率2割9分。足もそこそこ速い。
B.ホームラン40本、打率2割5分、足が遅いバッター。

<>あなたは短所を先に直しますか?長所を伸ばしますか?
A.短所を直す
B.長所を伸ばす

<>あなたは面接官です。どちらの人を採用しますか?
A.短所が少ない事をアピールする人
B.自分には短所もあるが、こんないい長所があるとアピールする人


さて、ここで最後の問いです。
あなたは人には長所を求めるのに、自分の場合は短所ばかり目を当てていませんか?


今までの自分は「弱み」に焦点を当てた行動だった
自分の今までの学習パターンとして、短所=「弱み」が気になり先に「弱み」を克服しようと考えました。
でも自分の弱みを見るのは心が痛く、チャレンジをするものの変われないまま終わる。
そんなパターンが殆どです。
他人を見ても短所がすぐ目に入り、この人のこの行動は嫌だな、こんな人にはなりたくない。
反面教師をバネにして反発心で自分を伸ばすのが当たり前になっていました。

■さあ、自分に目覚めように書いてあること
この本は自分の長所、すなわち自分の「強み」に焦点を当てた本です。
仕事にあわせて自分を変えるのではなく、自分の得意なものを活かして仕事をする
傑出した存在になるには強みを最大限に活かして行動することだ。
弱点にこだわってはいけない。
だからといって、弱点を無視するのではなくうまく弱点に折り合いをつけ、
伸ばしやすい強みを活かして弱点を補えばいい。

私はこの本のおかげで自分の好きなことに目をあてて生活する楽しさを味わえるようになりました。
毎日将来に希望をもってワクワクしながら生活しています。


本には一冊毎にIDがあり、そのIDを使って著者が200万人へのインタビュー結果を元に作成した強み探索システム
<ストレングス・ファインダー>を利用することが出来ます。
利用はインターネットにつないだパソコンで行い、時間は30分程です。
<ストレングス・ファインダー>を利用すると、全34種の強みのうち、自分の上位5つの強みが分かります。
注意としては強みを見つけるための本であって、強みを活かすためにどうすればいいかは自分で考える必要があります。

■<ストレングス・ファインダー>から得られた自分の強み ※長いので途中省略してます。
1.内省
あなたは考えることが好きです。あなたは頭脳活動を好みます。あなたは脳を刺激し、縦横無尽に頭を働かせることが好きです。

2.責任感
あなたは責任感という資質により、自分がやると言ったことに対しては何でもやり遂げようという強い気持ちを持ちます。

3.収集心
あなたは知りたがり屋です。あなたは物を収集します。あなたが収集するのは情報――言葉、事実、書籍、引用文――かもしれません。
もしあなたが読書家だとしたら、それは必ずしもあなたの理論に磨きをかけるためではなく、むしろあなたの蓄積された情報を充実させるためです。

4.目標志向
「私はどこに向かっているのか?」とあなたは自問します。毎日、この質問を繰り返します。目標志向という資質のために、あなたは明確な行き先を必要とします。

5.学習欲
あなたは学ぶことが大好きです。
あなたはいつも学ぶ「プロセス」に心を惹かれます。内容や結果よりもプロセスこそが、あなたにとっては刺激的なのです。

■今現在自分の「強み」をどう活かしているか?
・内省
考えることは自分のエネルギーにもなっている。であればそれをもっと活かそう。
相性がいいのは自分への自問自答力を高める = セルフコーチング(セルフトーク)。

・責任感
責任感は今のままで十分。必要だと感じるのは心のケア。
自分で全てを抱え込まないように分散する。
完璧主義を弱める事に意識を向ける。
そうすればもっと楽に責任を全うできるうようになるはず。
目標志向・学習欲と組み合わせると、完璧主義を弱めて低い目標にした場合でも
自分は達成した瞬間に必ず新しい高い目標を設定して行動に移すと信じている。
だから、最初の入口は低くても構わない。

・収集心
気になったものにはとにかく手を出す。そして視野を広げる。
その中から今の自分に必要なものを絞り込み行動にうつす。

・目標志向
何かをする時には必ず目標を立てる。
目標は明確になるように心がける。
そして、立てた目標を変えることを恐れない。
なぜなら自分の成長に合わせて目標も変わるから。
今大事なのは目標を達成することではなく、目標を達成するまでの間に成長すること。
成長すれば過去の目標なんて意味がなくなるし、やりたい事も変わる。
その時は新しい目標を設定しなおせばいい。
この強みはコーチとしてクライアントの目標設定をサポートするときに必ず役に立つ。

・学習欲
学びたいものを好きになる、勉強が楽しくなる工夫をする。
そして収集心と組み合わせて常に新しい刺激を体内に送り込む。
遊びは最初は面白いが、段々つまらなくなる。
勉強は最初はつまらないが、段々面白くなる。
今は半年かけてようやく勉強が面白くなってきたところ。

■「強み」を活かすようにして変わったことは?
・ブレない強い自分が持てるようになった
判断するときも自分の「強み」を活かすにはどちらがいいか?と考えの芯が出来たので迷いが少ない。

・人のいいところを少しずつ探すように変わってきた。
ストレスが格段に減った。

・出来なかったことではなく、出来たことに目を向けられるようになった
そのおかげで、成長速度が加速度的に上がった。
今まで:5つのうち、2つも出来なかった。うーん・・・。次はその二つをなんとかしないと・・・。
現在:3つもできた。今回達成できなかった二つを次で達成できるとさらに伸びるぞ!
20080629220734


・強みを高く広く伸ばせば弱みが気にならなくなる。
自分が嫌な弱みと向き合うのは少しだけでいい。
そもそも、これだけアピールできる「強み」があるんだからちっぽけな「弱み」なんてどうでもいいや。
20080629230043






さあ、あなたも自分の「強み]を活かしてみませんか?



さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすさあ、才能(じぶん)に目覚めよう
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itbook.blog51.fc2.com/tb.php/55-38a94c6d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。