080830 ファシリテーション基礎講座 - SEの皆さん、ビジネス書活かしてますか?

スポンサーサイト

--年--月--日 --:-- このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

080830 ファシリテーション基礎講座

2008年08月31日 23:20 このエントリーをはてなブックマークに追加

主催:FAJ:日本ファシリテーション協会

■全体の流れ
・ファシリテーションとは?
・場のデザインのスキル
・対人関係のスキル
・構造化のスキル
・合意形成のスキル
・明日からやれること

■概要
ファシリテーションの基礎を、講義と演習(ワークショップ形式)を通じて体感し、初歩から一歩ずつ体系的に学ぶ。
明日からファシリテーションを実践するために、必要最小限のものを得る講座です。
詳しくはこちらのページを見てください。

■良かったこと
・毎月の体験重視の定例会とは違い、基礎からみっちりと学べて体験できたこと
・縁が広がったこと
・基礎講座用の資料は要点だけ残して贅肉を落としたものになっており、復習用に非常に役立つ

■印象に残った言葉
・場の形成・発散時は我慢のとき
 :;核心がいつかでてくるのを信じてファシリテーターは進める!

・場をデザインすることによって、参加者の参加感を高めることができる

・待つ(沈黙する)ことによって、誰かが発言するのを促す事ができる

・「これを言ってやろう」と思った瞬間に相手の話が耳に入らなくなる

・各人にとっては必ずしも最良の策で無くて良い
 メンバー全員が何か実行に移せる案であればよい

・対立によって新しい視点で話が盛り上がる

・ファシリテーションは会議のスキルではない
 人と人とが交わる場所は全てファシリテーションが使える
 一日24時間意識すればどこでもファシリテーションできる

■振り返り、改善点
・話を聞くことが多い
 聴く事が少ない。つい、自分の意見や次の質問を考えてしまい頭から離れない

・反論があると感情的になってしまう
=>それでも、今月初めに参加したFAJ九州定例会に比べると感情的にならなくなっているのを実感

・演習中に表面的なテーマにとらわれてしまった。
 目的があやふやなまま先に進んでしまい、途中で本当にこれでいいのか?と根本的な疑問に戻ってしまった

・背景を発言者から引き出すことができなかった
 自分はこういう立場・前提条件のもとに話しているんだ

・話の流れを意識したい
 今は、出てきた単語単語を追っていることが多い
 どういう流れでこの意見がでてきたか、このような話になったかがわかると一歩先に進める気がする

・一番出来なかったことが、ファシリテーショングラフィック
 どう書いていくか迷ったまま進んでしまった
=>ファシグラの本を帰って読むぞ!
=>模造紙を家の壁に貼って練習するか?
・アンケート
 当たり障りの無い感謝の言葉ではなく、具体的な良かった点・気になった点をどんどん書こう!

■人との出会い
・あれ?この人は・・・
席決めの飴を引き決まった席に座ろうとしたところ、正面に通うスポーツクラブでよく見る方がいました。
さらにその人はフォトリーディング、マインドマップの受講生という共通点も発覚!
今までよく見るけど話したことがない。
そんな人でも、話してみると意外と沢山の共通点が見つかるものだなと改めて思った出来事でした。

・実はスタッフの一人も・・・
店舗は違えど、同じスポーツクラブに通っている事が発覚。

・長崎出身の人多し!
参加者の3割が長崎出身。
講座後の泡会では長崎サロン設立の話が持ち上がりました。

■講座中に気になった本
伝える力
使う力
チーム・ビルディング―人と人を「つなぐ」技法
ファシリテーター完全教本 最強のプロが教える理論・技術・実践のすべて
コンサルタントの「質問力」

■ファシリテーションがどんなものか体験してみたい方に
9/6(土)にある、FAJ九州の定例会はオススメです。
テーマは「ファシリテーションってなあに?」
初心者の方の体験に向いていると思います。
定例会は一回目の参加のみ無料です。
現時点で定員まで残り11名となっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itbook.blog51.fc2.com/tb.php/95-d91db1fa
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。