080906 FAJ九州定例会 「ファシリテーションってなあに?」 - SEの皆さん、ビジネス書活かしてますか?

スポンサーサイト

--年--月--日 --:-- このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

080906 FAJ九州定例会 「ファシリテーションってなあに?」

2008年09月08日 01:20 このエントリーをはてなブックマークに追加

主催:FAJ 日本ファシリテーション協会

9月7日・8日と定例会の1次会~6次会まで参加してきました。(運営委員・サポーターの方は定例会前の0次会もあり)
~ 1日目 9/7 ~
1次会 春日クローバープラザ「ファシリテーションってなあに?」
2次会 博多ビール園「ジンギスカン食べ放題!もうお肉でお腹一杯」
3次会 居酒屋「お肉はもういらないので、軽くつまみながらゆっくり語らう」
4次会 屋台ラーメン「え?まだ食べるの?」
5次会 屋台Bar「締めの一杯。福岡以外の都市では屋台が無いって知りませんでした」

resize0031.jpg
resize0032.jpg

~ 2日目 9/8 ~
6次会 春日クローバープラザ「振り返り。昨日のはおまけで今日のが本番だ!」

■「ファシリテーションってなあに?」
今回の定例会の特徴は観察者の存在。
場に参加せず観察することで見えてくる新しい視点。
観察者の立場がこれほど気づきが多いものだとは全く予想してませんでした。

1グループ8名。
実際に話し合うのは5名で、観察者A2名、観察者B1名という構成。
  ●●
●□□A
A□□
  ●●

                    B

観察者Aは同じテーブルで近い場所から観察し、観察者Bは声もよく聞こえない離れた位置から場を観察します。

話し合いのワークは2回あり、1回目が問題提起、2回目が解決策のワークになります。
観察者は1回目、2回目で交代します。


「これが場の空気を読むことなのか・・・」
1回目のワークで観察者A役をしました。
これが今までとまったく違う視点で見れて非常に面白かった。
参加者の立場では発言者を注目しますが、今回は観察者の立場として発言を聞く人の反応に注目しました。
言葉の意味自体は聞き流して、場の雰囲気だけをじーっと観察します。
すると、言葉の意味を理解していなくても見えてくるものがあります。

あ、今の発言で場の納得感が上がった。
ファシリテーター役の相づちで発言者の話が促進されてる。
ファシリテーターの心遣いで安心感が広まり、リラックスムードになった。

参加者の表情・身振り手振り・姿勢などノンバーバルな表現から、
自分が意識的に解釈できる情報が10倍になった感覚でした。

場の空気を読む訓練にうってつけです。
訓練すると洞察力がアップして、日常から学ぶ能力が格段に増えるのではないでしょうか?


「ファシリテーターは目的ではない、ファシリテーションするのが目的」
2回目のワークでは参加者の立場でした。
グループ内テーマ:会議では平等に意見を発言しなければならないのか?
ファシリテーターのアンチテーゼとして、あえてファシリテーター役を置かずに開始しました。

印象深かったのは、2回目は盛り上がらなかったが参加者の納得感が非常に高かったこと。
あえて書かないことで、参加者の視線が下に落ちず、点ではなく円で絡み合って進んでいきました。

決まったファシリテーターがいなくても、参加者が自然とファシリテーションしていく。
心地よい一体感がありました。

まとめの段階では書かないとまとめにくいので書き始めましたが、
定例会なのにあえてファシリテーターを置かないのは面白い体験でした。
これは1回目にファシリテーター有り、2回目が無しという順番だったのも影響していると思います。
逆の順番だとやっぱりファシリテーター必要だねという感想になってたのではないでしょうか。



------------- 2日目 ------------
■「振り返り。昨日のはおまけで今日のが本番だ!」
resize0034.jpg

二日目は参加者のアンケートとビデオをもとに、90分振り返りをしました。
90分部屋を貸しきっての振り返りはとても贅沢な時間でした。
特に印象に残ったのは以下の3点です。
(1)グループワークのファシリテーターがどのような判断で進行していったのかを解説してもらえた点。
(2)自分の聴く姿勢を客観的に見れた点。
(3)他の人の振り返り意見を聞くことによって、自分ひとりではたどり着けない深い振り返りが出来たこと。

(1)
観察者Aでは場の雰囲気は把握できても、ファシリテーターの心の中までは把握できません。
付箋をグループ化して進めていく方法だと時間切れになりそうだから直接書くようにした、
などとプロセス判断の話を聞けたのはとても参考になりました。

(2)
ビデオ越しに見ることで、冷静に自分を観察することができました。
まだまだ気になる部分はありますが、話の聴き方が上達しているのを実感しました。
それを西さんに承認してもらえたのも嬉しかったです。
そしてその気持ちが自分の中の大きなエネルギーに変わっていきます。

(3)
より表面的な振り返りは昨日、深い振り返りは今日。
振り返り時間が長いので、だんだんと深い振り返りになっていきます。
この経験を将来に活かすため、普段の勉強も他の人を交えて振り返りするようにしたいところですね・・・。

--------------------------------

PS.次は来年の1月24日に西さん招いて開催するそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itbook.blog51.fc2.com/tb.php/98-c81c864e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。